文月の、調味料は・・・?

一粒にも、イミがある!
つかめよ、育てよ、あふれる思いを、
分けてやろうか、イキな ごまだれ☆

料理/清水 紀子

7月の調味料は、・・・ごまだれ☆

<材料(作りやすい分量)

ごまだれ・材料

  • 白いりゴマ………50g
  • 砂糖………大さじ1
  • みりん………大さじ1.5
  • しょう油………大さじ1.5
  • 酢………大さじ1.5
  • サラダ油………大さじ1
  • マヨネーズ………大さじ1

作り方>

①. ゴマを、すり鉢で擂る。

②.ツブツブが、ほぼ無くなってから砂糖を加え、残りの調味料も加えて、よく擂り混ぜる。
(フードプロセッサーを使っても、OK)

③.清潔な保存ビンに移して、蓋をして、冷蔵保存する。

※冷しゃぶやサラダ、冷奴、ゆで野菜などなど、何につけても美味しいです♡
※2週間ほどで、食べきって下さい。

和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

冷蔵庫のポケットに、鎮座まします、たくさんのビン・・・。 ( ̄_ ̄ i)
焼き肉、しゃぶしゃぶ、サラダのタレに、なんでもございの、エトセトラ★
・・・あぁ、気軽な材料を混ぜ合わせ、「冷蔵庫のビン類をいっそ、解消してみたいっっっ!」
そんな皆さまへの、一つの提案が・・・このコーナー☆

ごまだれ・2

「今月の調味料☆」

和心で、一番初めにご登場願うのは、日本では・・・なんと(!)
「縄文時代より、愛されて来た!」・・・という、ゴマを使いました「ごまだれ」でございます~☆ o(^▽^)o

・・・なんでも、縄文後期の遺跡からも、炭化したゴマが発見!」されているというから、驚きです。

その後、日本には、仏教も伝来。
平安の頃にはもう、修行僧たちの、パワー源としても、その地位を認められていたそう。
・・・そして皆さまご存知の通り、今も「精進料理に、取り上げられる処にまで、出世!!」を、されていますよね。 (‘_’)

日本で販売されている商品としては、まずは、サヤから出しただけの「洗いゴマ」
・・・ただ、これはさすがに皮が堅くて、食べにくいんだそう。 (^_^;)

なので、お鍋で煎っての「煎りゴマ」やら。
皮を剥いたり(切りゴマ)、指先でひねり潰したという、「ひねりゴマ」

そして、すり鉢ですった「すりゴマ」などありますが、アジア以外の地域では、ゴマ一粒に、これほどの・・・やれ、潰したり、捻ったりといった手間は、かけないよう★

・・・例えばアンパンのように、「粒のままで、上に飾った」だけであったり。
逆に、パンやケーキの生地に「粒のままで、練り込む調理法」で、楽しまれているんだそうです。

ゴマと一口に言いますが、何しろ、そこは種(!!)」ですから。
・・・その一粒が芽を吹き、やがては大木にまで育ち、またそこから子孫を増やしていく・・・。
そんなパワーが、目一杯に、詰まっている食材なんですよね。 (‘_’)

ただやはり、種子。
・・・そこは、固い殻に包まれていますから★
どうしても、消化しにくい処が、難点のよう。

なので今回のレシピのように、丁寧に擦って、その皮を消化しやすくしてあげて下さいっ!

・・・今回は、夏には嬉しい「体に優しい、酸味」も加えて、こんなタレで備えてあれば、いつでも美味しく、栄養の補給にも一役買います。

ぜひぜひ、お試し下さいませ。 (^_^)/

■山野亜紀のHP「ねんきら☆」でも、よろしければお楽しみ下さい☆
「日中復興、チンゲン菜!胡麻は縄文、日本人」~旬エッセイ・2015

関連記事

  1. 文月の、行事食は・・・?

  2. 神無月の、調味料は・・・?

  3. 文月の、魚料理は・・・?

  4. 師走の、調味料は・・・?

  5. 霜月の、調味料は・・・?

  6. 文月の、脇役は・・・?

  7. 文月の、お漬け物は・・・?

  8. 長月の、調味料は・・・?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。