葉月の、調味料は・・・?

イキに決めるぜ、味噌活力!
ネギにショウガが、脇を固めて、
人の心にしみじみ寄り添う、今日のお供は、香味味噌☆

料理/清水 紀子

8月の調味料は、・・・香味味噌☆

<材料(作りやすい分量)

香味味噌・材料

  • 味噌………100g
  • ネギ………10g
  • ショウガ………10g

作り方

①.ネギとショウガは、みじん切りにする。

②.保存容器に味噌を入れて、①を加えて混ぜてから蓋をして、冷蔵庫で保存をする。

香味味噌・工程

※2~3週間持ちますが、野菜から水分が出てくるので、気が付いたら混ぜてあげて下さい。
※ゆで卵や豆腐、刺身の他に、ごはんにのせてもOK!
※「野菜スティックのディップ」にしてもよく合います、美味しいですよ♪

和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

冷蔵庫のポケットに、鎮座まします、たくさんのビン・・・。 ( ̄_ ̄ i)
焼き肉、しゃぶしゃぶ、サラダのタレに、なんでもございのエトセトラ★
・・・あぁ、気軽な材料を混ぜ合わせ、「冷蔵庫のビン類をいっそ、解消してみたいっっっ!」
そんな皆さまへの、一つの提案が・・・このコーナー☆

「今月の調味料☆」
ごはんのおかずとしてはもちろん、、調味料としても愛されている・・・。
日本人の生活には、なくてはならないお方っっっ!
・・・お味噌さま☆で拵える「香味味噌」が今月、満を持してのご登場でございまする~っ☆ (^_^)/

ところで、お味噌さんといえばとにかく。
何だか、えらくたくさんの種類がありますよね・・・。

山野はそれまで、そこの処を特に不思議だとも思わずに、生きて参りました。
・・・ところがこの度、文献を紐解いてみて・・・はたと思い至り、大納得(!)をするハメになったのであります・・・★

・・・何しろ、お江戸の頃はもちろん、かつての日本人の生活と言えば(!)

今のように飛行機や新幹線がある訳ではないので、どこへ行くにも、歩いて行くしかありません★
・・・船で運搬をするようになっても、まずはブツを港へ担いで行って、それからよっこらと積み荷をしての運搬に。

・・・かような訳で(!)
重くて、運搬が大変なモノは、流通では何故か避けられておりましたが、・・・その代わりっ!

お味噌さんの製造方法は、日本全国の、津々浦々にまで浸透っ!
その土地土地にどっしりと根を下ろし、豆はもちろん、塩や麹を活かして、独自の食文化を形成っ!!
・・・そして今もなお、多くの製品がそこかしこで愛されているという・・・。
とにかく何だか、偉大なお方♡なのでありました・・・★ (〃∇〃)

・・・たしかにスーパーでも、たくさんの種類(!)で鎮座ましましておられるので、私なんかは逆に迷ってしまい★
でもでも「1人暮らし」なので、そう多くは使わないしでエトセトラ★

あの種類の豊富さを、あまり・・・意識していなかったんですが★
たしかに言われてみれば、持ち歩きをするのにも重たいしで、まったくもってその通りなんだと今回、しみじみと思い至りました・・・。 (^_^;)

はてさて、味噌にも色々と種類がありますが★
・・・まずは関東でも多くを占める(?)米麹を醸したなる米味噌は、お江戸や仙台、信州味噌と呼ばれておりまして、そちこちで普及してますし。

これが麹がなら、色の赤い麦味噌(いなか味噌)に。
はたまた、名古屋名物で有名な八丁味噌(たまり味噌、三州味噌もその仲間★)は、豆麹で醸した豆味噌なのは皆さま、ご存知の通りです。

平安の頃には普及をしていたとも言われる、お味噌さんなんですが。
味噌煮が始まるのが鎌倉時代で、味噌汁が始まったのが室町の頃だとも。

なにしろ、春夏秋冬がある日本では、保存の利く食べ物はとにかく大事で、特に味噌「兵糧として、武士が重宝!」、その製法にも工夫をこらしていたと、資料にあります。

東北や内陸部の辺りでは、塩分を補う食品としても、味噌は重宝をされていたとか。
・・・そういえば、山奥の名物って味噌漬けとかが、多いかも・・・??? (‘_’)

タンパク質やビタミン、ミネラルも豊富で、その他には腸内環境も整えて下さるという・・・大豆で作られた発酵食品お味噌さま☆です。
・・・この方、ただでさえ身体を温めて下さる効果をお持ちな処へ、ネギと生姜の辛味や香味成分が、その効果をさらにバージョンアップ♡
何とも、最強の組み合わせ、タッグを組んだ調味料がこの「香味味噌」なんです。 (^_^)/

冷房からくる冷えや、ついつい出不精になってしまって、運動不足になる夏の日々・・・。

血液の循環がスムーズにいかないと、頭痛やだるさの原因にもなるそう★
・・・あぁ、身に覚えがあるような、ないような。
とにかくこの時期は、気をつけましょう・・・★

・・・ところで、私は毎年感じているんですが、夏の味噌味ってホントに、身体に染みますよね・・・★
味噌炒めや酢味噌掛け・・・などなど。
口にしてみると、本当に滋養を感じられる、お味噌のパワー。
そして、夏の暑さがまだまだ、オンパレードです!

・・・いつものおしょう油、ポン酢の他に、この香味味噌で、味覚にパンチを与えてみませんか?
身体が、その味をしっかり受け止めてくる・・・そんな嬉しい調味料です♡ (^_^)/

■山野亜紀のHP「ねんきら☆」でも、よろしければお楽しみ下さい☆
※「豆と日本人」~旬エッセイ・2013

 

関連記事

  1. 葉月の、魚料理は・・・?

  2. 霜月の、調味料は・・・?

  3. 葉月の、野菜料理は・・・?

  4. 葉月の、お菓子は・・・?

  5. 文月の、調味料は・・・?

  6. 葉月の、お漬け物は・・・?

  7. 葉月の、脇役は・・・?

  8. 葉月の、主役は・・・?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。