長月の、野菜料理は・・・?

古くから、知られるぞよ、金時パワー!
大地の豊穣、じんわり伝わる、
いけてますねぇ、レンコンとニンジンで作ったきんぴら!

料理/清水 紀子

9月の野菜料理は、・・・レンコンとニンジンのきんぴら

<材料(作りやすい分量)>

レンコンとニンジンのきんぴら・材料

  • レンコン………中1節(約200g)
  • ニンジン………1/3本(約60g)
  • (a)みりん………大さじ1弱
  • (a)しょう油………大さじ1弱
  • (a)だし汁………大さじ1
  • 酢………小さじ1
  • サラダ油………大さじ1
  • 炒り白ゴマ………適量

<作り方>

①.レンコンとニンジンは、スライスする。

②.フライパンに油をひいて中火にかけたら、まだ油がぬるいうちに①を加えて、炒める。

③.レンコンが透き通ってきたら(a)を回し入れて、水分がほぼ無くなるまで炒め煮にする。

レンコンとニンジンのきんぴら・仕上げにお酢を入れる様子

④.酢を回し入れ、ざっと混ぜ合わせたら火からおろして、白ゴマを好みの量ふる。


「和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

・・・お総菜料理の中でも、定番中の定番!
今回はレンコンさんと、ニンジンさんのきんぴらでございます~☆ (^_^)/

長月のお膳

はてさて、ところでこの「きんぴら(!)」という名前の語源を皆さま、ご存知ですか・・・?
・・・実はコレって、かの有名な「マサカリ担いだ、金太郎~♪」で知られる、坂田金時さんの息子さん(!)
金平さんの名前から来ているんだそうで、まぁ、びっくり★

「きんぴら料理」と言えばまず、有名処なのはやっぱり、ゴボウさんでしょうか。
・・・お江戸の頃は、「ゴボウは、精の付く食べ物!」として崇め奉られていたよう。
なので、怪力で知られた金平さんにちなんで付けられたのが、この名前・・・。
素材がニンジンになっても、大根になっても、このお料理の名前は「きんぴら」と呼ばれるようになったとか。 (‘_’)

・・・何でも当時の日本の農家が、一番よく手掛けていた作物というのが、根菜類(!)
嚼みでがあって、食べればお腹がいっぱいになる作物こそが、かの頃では人気ナンバー1だったそう(!)

逆に葉物は、あんまりお腹には溜まらないせいでか、畑の作物としては、手掛けてきてはいなかったんだとも・・・資料に★

今では余り食べられていませんが、お江戸の頃には、近くに生えている草をそれぞれが摘んで、おかずにして食べていたみたいです。(´_`。)

なので、古くから日本で栽培されていたという根菜類なんですが・・・。
ニンジンさんもレンコンさんも、当時はその全てを食用とされてきました(!)

例えばレンコンさんでいうなら、根の部分はもちろんのこと、巻葉は油炒めやお浸し、すまし汁の実にしてみたり。

京都の銘菓・れんこん餅

・・・匍根(はえね、つまりワサワサとレンコンの周りに生えている根っこの事★)までも、お茶菓子の材料にしてみたり。
こちらは、「刺身のツマ」にも使われていたとありますが、こんな使われ方をされていたのは、江戸時代の初期の頃までだとか★

・・・もっともレンコンさんは、お江戸というよりは、どちらかというと上方で愛されていた感があるので、だからこその茶菓子使いだったのかも知れませんね。(写真右も、京都の銘菓ですし★)

対するニンジンさんはといえば、昔は赤い食材がとにかく少なく(!)て、だからこそ、とーーーっても重宝をされていたお方のようなんです。
・・・なので葉っぱの方も、たとえばゴマ味噌和えにして食べてみたり、一度茹でてからの・・・これに調味料や、汁などかける浸し物で・・・などなどと、愛されていたようです。

東洋種のニンジン

ところがお江戸は十二代将軍・家慶の頃にもなると、葉を食べることも、だんだんに廃れていったのだとか・・・。
・・・これは、おそらくは現代のように(!)
ニンジンは、大地から抜かれた時点で、葉が根っこの栄養を吸い取ろうとするので、出荷の際に「葉の部分を切って」行っていたからではないかという・・・そんな事を想像する私であります。。。 (〃∇〃)

はてさて、そんな・・・レンコンさんとニンジンさん、このダブル使いについてなんですが。
免疫力アップのパワーの高い(!)βーカロテンがたっぷりな、ニンジンさんと。
意外にもビタミンCが高い、レンコンさんです。

レンコンとニンジンのきんぴら

・・・普通は火を通すと壊れやすいビタミンはCさん(!)
ところがレンコンさんの場合、その持つ豊富なデンプン質が守って下さるから、壊れないのだとも・・・資料に。
はたまたレンコンさんには、「粘膜を守ってくれるという、粘りのあるムチン」も持ち合わせておられるので、その組み合わせは、ビミョーに不安定なこの時期には、風邪予防の効果もあります♡

また今回のレシピでは、最後にお酢を加えております!
・・・こうする事で味も締まり、何よりPH(ペーハー)が酸性に傾いて下さるので、実は今回は「塩分が控え目レシピ☆」なんですが、それでも美味しくて満足できる味わいに♡
またお酢のクエン酸は、消化を助けて下さったり、保存の効果も高めて下さるしで、さらにはゴマパワーが風味と栄養素も引き立てて下さいます。 (^_^)v

ちょっぴり挑戦なお酢使いで、味を極めてみませんか?
古来より日本で活躍を続ける、すてきなオカズです♡ (^_^)/

■山野亜紀のHP「ねんきら☆」でも、よろしければお楽しみ下さい☆
※「人参は江戸の時代から? 鰤は下魚、日本人」~旬エッセイ・2014
※「ハスは古いか、花愛でる。いつから食べたか、金目鯛!」~旬エッセイ・2015

<2017.9.11更新>

関連記事

  1. 文月の、野菜料理は・・・?

  2. 水無月の、野菜料理は・・・?

  3. 弥生の、野菜料理は・・・?

  4. 霜月の、野菜料理は・・・?

  5. 如月の、野菜料理は・・・?

  6. 長月の、魚料理は・・・?

  7. 長月の、脇役は・・・?

  8. 神無月の、野菜料理は・・・?

最近の記事

  1. 活動エッセイ

    第12話 和心レシピに今までお付き合い戴き、あり…
  2. 心美人

    新しい自分になる方法
  3. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー後編ー
  4. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー前編ー

アーカイブページ