「サンマ苦いか、しょっぱいか、命繋げた、サツマイモ!」

「サンマ苦いか、しょっぱいか、命繋げたサツマイモ!」~神無月の旬エッセイ

・・・一見、見るからに長やかな・・・秋の風物詩とされるサンマさんなんですが★
今でこそ、秋の代名詞的(!)とまで呼ばれる大衆魚で、とにかく秋と言えばサンマ。

サンマの塩焼き定食★

その音も、形が細長いから「サ(狭い、細い)」から「サマナ(狭真魚)」がなまって・・・だとか。
・・・はたまた、群れなして泳ぐ習性から、「サワ(沢)」と「魚(マ)」が訛った・・・などなど。
今では「秋の文字をあてて、秋刀魚とよく書かれています」が、この字が当てられるようになったのは、ホントにごく最近の事なんですって、へ~え。 (‘_’)

・・・「秋に獲れる、刀のような形をした魚」の意味からなのか・・・???
「秋刀魚」の文字が当てられるようになったのは、実は大正になってから(!)

また、その食べ方も、今でこそ当り前になっている生食なんですが、実は1990年代を過ぎてからポピュラーになりましたっ!
・・・それまでは、土地の人がどうかというくらいで、特に山間部などでは、干物や塩蔵で食べることが殆どだった・・・と、資料にあります。

・・・まぁとにかく、サンマを漁業対象にしている国というのは、日本くらいしかない(!)のだとも・・・資料に。
サンマさん、日本では「秋の代名詞☆」とまで叫ばれているお方なのに、海外では人気がないんだ、、、
意外な、真実であります。。。 (´_`。)

現代のサンマ漁(棒引き網漁)の様子

そんな・・・日本でのサンマ漁も、その発祥はといえば、お江戸は三代将軍・家光の終わり頃だったそう。
なんと、まずは紀伊から始まったのだとか。
・・・そして同じような漁法が安房(千葉県)にも起こって、ようやく江戸中期になって、庶民の間でも食べられるようになりました。

・・・ところが、それまでのサンマさん★
かのお方の役割は、食用ではなく「魚油を採るだけの魚」だったんだそうです。
・・・なんだか、意外続きのオンパレードなんですが、これってホントの事なんです★

江戸の世ではもちろん、電気はありません・・・なので、暗くなったら行灯を点ける訳ですが、菜種から採った油は高級だった・・・!
なので庶民は、廉価な魚油ばかりを使っていたのだそうです・・・。

魚を焼くと、網に匂いがつきますよね。 (^_^;)
秋刀魚の油で行灯を使うと、黒い煙と共に匂いが出てしまい・・・。
・・・サンマを食べるようになると、匂いが出るから逆に屋外で、七輪などで焼くようになり、十代将軍・家治の時代にはようやく、大衆魚にまでなれました。

・・・そういえば、サンマさん。
ウロコは小さいうえに、とても剥がれやすいんだとか。
・・・なので、漁船から水揚げされる際に、その殆ど取れてしまうんだそうです。

なので逆に言えば「下拵えもカンタン♡」で、調理もしやすくて手間いらず。 (^_^)/
しかも、「サンマが出るとアンマが引っ込む」なんてコトワザもあるくらいで、健康を増進させる食材なせいか・・・。

はたまた、落語「目黒のサンマ」のネタにもなるくらいに・・・秋刀魚さん。
十一代将軍・家斉の頃ともなると、中流階級以上のお方までもが口にする程に普及をされました♡

・・・はてさて、サンマさん。
ダツ目ダツ上科サンマ科サンマ属で、海棲硬骨魚。
日本では2種類に分かれるのだそうで、一方は、日本海をこよなく愛してお暮らしになっているお方と。
・・・はたまた、北大西洋だけ(!)がお好きなお方に分かれるそうで、スーパーで出回っているのは、こちらのお方ばかりなのだとか。

その産卵は「秋から春にかけて」で、日本海でなら・・・夏にされていると言いますから、こうして見ると・・・サンマさん★
・・・人様の如くに、日本近海では年中・・・どこかしらで産卵をされているんですねぇ、へ~え。

卵の大きさは、1.7~2ミリくらいの大きさなんだそうで、メスが流藻なんかに産み付けるんだそう。
それが10度から25度の水温で孵化をしますが、水温が高いほどに、孵化日数が短くなるんだそうです。 (゜_゜ )

また今回、驚いたんですが、サンマには胃袋がない(!)
・・・しかも、他の魚に比べて腸も短い!!・・・のだとか。
なのでエサを食べても大体、20~30分くらいで消化・排泄をしてしまうので、サンマはハラワタに臭みが少ないんだそうです。

・・・そういえば、サンマはハラワタを食べる人もいますけれど(私は、食べる派♡)
これって、こういう意味だったんですねぇ~。

また、そのお口も小さいせいか、プランクトンや小型の甲殻類、オキアミなどをお召し上がりになるそうで、その寿命は2年ほどだとか・・・★

サンマの甘辛煮

がんばっても、40センチくらいまでにしか成長ができないという・・・そんなサンマさんなんですが。
血液の流れを良くする効果のあるEPAは、脳梗塞や心筋梗塞を予防して下さいますし。
・・・はたまたそこに、悪玉コレステロールを軽減させて下さったり、脳細胞を活性化して下さるDHAが活躍!
含まれるビタミンDには、骨を丈夫にして下さる効果もあるので、成長期のお子様や女性にもぴったり♡

・・・とにかく、サンマさん。
あまりにも「年中を、生命の危険にさらしすぎている・・・っ!」せいか、臆病がすぎて、すぐにパニックを起こしてしまうのだそうで、養殖には向かないそうで・・・。(^▽^;)
なので流通しているモノはすべて、天然モノなのだそうです。

神無月のお膳

・・・天然モノって、うれしいお話なんですけれども、ただこのお魚の脂は、ても酸化しやすいのが難点★
時間が、経てば経つほど。
加熱をすれば、するほどに酸化をしてしまい、逆に血液をドロドロにしてしまうのだそうです・・・★
・・・なので、調理をしたら、即食べを基本に!
美味しく、しみじみと味わって秋を満喫して戴きたい処です。 (^_^)v

・・・さて、もう一つの旬食材、サツマイモさんの方に参りましょう。
揚げてよし、今月ご紹介している糧飯、ゴハンに混ぜてのイモ飯、イモ粥、煮ても焼いても蒸しても良し!・・・何にでも良し☆の、サツマイモさんです。

その人気は米に匹敵する勢い!・・・な、お方なんですが、いざ保存(!)といなると、米の保存性にまでは肩を並べる処まではいかなかったとか★ (‘_’)
・・・弥生時代になって、稲作を覚えた日本人ですが、「お米って、やっぱりすごいんだなぁ~」と感じいる瞬間であります・・・。

1万年も続いたという縄文時代ですが、その狩猟生活に終止符を打ち、稲作に移っていったには、ここに焦点があったんですねぇ・・・。

何でもすぐスーパーで手に入る時代に生まれてしまうと、こんな当たり前で大事な事に「うろっ!」としてしまいますが、ホントに食べ物って大事で、有り難いモノだと痛感致します・・・。

はてさて、サツマイモは、ヒルガオ科の植物だそう。
栄養が行き届いた畑でだと、逆に育たず
・・・痩せた土地だからこそ成長をする・・・サツマイモさんは、お江戸は二代将軍・秀忠が江戸城を納めることになったという1605年に、日本へやって来ました。

中国は「明への親貢船の事務官」であったという野国総管(のぐに・そうかん・・・琉球時代の役職名なれど、一個人★)が、かの地から持ち帰ったのだそうで、まずは琉球で栽培したのが切っ掛けになったそう。
・・・とにかく、痩せた土地でもよく育つとの事で、その10年後には、本土に上陸。
九州は平戸に住んでいたという・・・英国人のコックスさんが、土地で栽培を始めました。

それが今度は、三代将軍・家光の時代には伊予宇和島にも広まって、五代の綱吉さんになると、今度は愛媛の今治へも普及☆

・・・それからとうとう愛媛の土地をも飛び出して、瀬戸内海の島々にまで伝わっていったのは、とにかく救荒作物としての優秀さが認められていたから・・・☆
で、八代・吉宗さんの辺りまで来ると、島根でも試作が始まりました。

・・・何しろ、吉宗さんの時代には「享保の飢饉」というのがありましたから。
その折に・・・サツマイモを作っていた薩摩藩では、餓死者が少なかった(!)という事から、「その強い生命力と、栄養価」がとても買われるようになったのだそうです。

江戸では吉宗の命で、青木昆陽(別名・甘藷先生と呼ばれるほどに力を尽くした★)が試作を始めたのですが、これがさらに勢いを増して、八丈島にまで上陸!
・・・遠方の島の飢饉までをも救ってしまうという、大スター(!)にまで、なりました。 (〃∇〃)
・・・11代将軍・家斉の時代の頃になると、今度は愛される余りに「甘藷百珍」なんて料理本まで出来てしまう始末です。

さつまいもごはん・2

「サツマイモの旬」は9~11月頃なんですが、これを上手に貯蔵すれば、逆に水分が抜けて「1月~3月頃までの方が、逆に美味しく食べられる♡」とか。
・・・米ほどとまではいかなくても、収穫の少ない冬の時期に活躍してくれる、ホントにステキな食材なんですね、サツマイモさんって。

ところでイモといえば、今も愛されている焼き芋なんですが・・・。
お江戸の頃には、関東では「お店での販売が主だった」ようですが、関西では蒸しイモが主流で、行商人が売り歩いての販売に★
・・・そちこちで愛されまくったサツマイモさんは、明治ともなると今度は、はるか遠くの小笠原までも伝わっては、民を助け続けていたそうです。 (。・ω・)ノ゙

それが第二次世界大戦の頃になると、何しろカサがあるから、米の代替に良い!と奨励をされて、栽培もさらに強化!!

・・・そして戦争が終れば終ったで今度は、資材不足の折から、アメリカのGHQにまでも命じられて・・・なんと(!)
味噌のカサ増し(!!)にまでも活躍をさせられたとかで、「サツマイモさんの芋生」にも、かな~りな紆余曲折があったようです。 (T_T)

・・・イモ類なので、糖質(!)ではありながら。
炭水化物の代謝を促して下さるビタミンB1も含んでいるので、エネルギーが燃焼しやすいのだとも・・・資料に。

ねんきらより、さつまいものオレンジ煮

また含まれるビタミンCには、美肌効果があるので、この夏に痛んだ肌をやさしく癒して下さいますし、豊富に含まれる食物繊維には、便秘予防はもちろん、黄色いサツマイモの種類(金時など)なら、カロテンも多く含まれています。

・・・このカロテンは「体内で、ビタミンAに変わる!」のだそうで、夜盲症や視力の低下を防いで下さるんだそう。

何だか身近に感じられるサツマイモさん★
・・・その栄養と歴史を噛みしめながら、しみじみと・・・味わおうではありませんか。

<<文責・山野亜紀(女 邦史朗) 2017.10.31更新>>
※山野 亜紀(女 邦史朗)プロフィール

関連記事

  1. 「春サワラ!ハマグリ、アサリ、ワカメもあるよ、日本人」

  2. 長月の、野菜料理は・・・?

  3. 長月の、主役は・・・?

  4. 「春はセリっ、身欠きニシンで、日本人」

  5. 長月の、魚料理は・・・?

  6. 「たどり辿って山のイモ、サケ愛されている、日本人!」

  7. 「出世する?ブリと大根、日本人」

  8. 長月の、脇役は・・・?

最近の記事

  1. 活動エッセイ

    第12話 和心レシピに今までお付き合い戴き、あり…
  2. 心美人

    新しい自分になる方法
  3. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー後編ー
  4. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー前編ー

アーカイブページ