霜月の、行事食は・・・?

さぁさぁ、今年は豊作だ・・・っ!
神社に奉納、みんなで宴会、どれどれ、どいつを食べてみようかな。
黒、青、黄色でそれぞれ楽しい、
美味しい色だよ、五穀豊穣、3食おむすび!

料理/清水 紀子

11月の行事食は、・・・五穀豊穣3色おむすび☆

材料(作りやすい分量>

五穀豊穣3色おむすび・材料

  • <黒豆ごはん>
  • 米………2合
  • 黒豆………大さじ3
  • 水………430ml
  • <青豆ごはん>
  • 米………2合
  • 青豆………大さじ3
  • 水………430ml
  • <きびごはん>
  • 米………2合
  • きび………大さじ2
  • 水………430ml

作り方>

<黒豆ごはん>

米は研いで、分量の水を加えて、30分以上浸水する。

②.小鍋に水200ml(分量外)を入れて、火にかける。
沸騰したら、さっと洗った黒豆を加えて蓋をし、15分程弱火でふつふつと煮て、そのまま冷ます。

③.冷めたら黒豆をザルにあけて、煮汁は分量を測って取っておく。

④.①の水を煮汁の分量だけ除き、代わり③の黒豆の煮汁を加える。

⑤.④に黒豆も加えて、普通に炊く。

⑥.炊き上がり20分ほど蒸らしたら、天地を返して、手塩をつけて俵型ににぎる。

<青豆ごはん>

①.青豆はさっと洗って、150mlの水を加えて、半日浸水する。

②.ふっくらと豆が膨らんだら、漬けていた水ごと小鍋に入れて火にかけ、煮立ったら火を弱めて、吹きこぼれないように注意しながら15分煮る。

③.米は研いで分量の水を加え、30分以上浸水する。

④.②が冷めたらザルにあけて水気をきり、③に青豆を加えて普通に炊く。

左は浸水前の青豆で、右は浸水後の青豆。

⑤.炊き上がったら、黒豆ごはんと同様に握る。

<きびごはん>

①.米は研いできびを加え、分量の水を注いで30分以上浸水し、普通に炊く。

②.炊き上がったら、黒豆ごはんと同様に握る。


和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

こちらのコーナーでは、日本の行事に関わる「行事食をテーマ」に、ご紹介をしています。
・・・毎月テーマが違うので、楽しみにしていて下さいね♡

実りの秋です!
・・・という事で、「五穀豊穣を表す行事食」を清水先生に考えて戴きました。 (^_^)/
でも5色揃えるのは大変だから・・・。(笑)
今回は、3色でのご紹介としてみました♡

・・・ところで、日本では「一口に五穀」といっても、その中身は地域によって違うとか★
考えてみれば、この国は南北に長~い島国ですから・・・。
「新嘗祭(にいなめさい)」は、それぞれ土地に向いた穀物で収穫を感謝し、翌年の豊作を祈っていたものなのでしょう。 (‘_’)

ちなみに私の家では、一応仏教徒だったせいでか、あまり神社に馴染みがないままに育ちましたので、実は「新嘗祭(にいなめさい)」というモノをよく知りませんでした。

11月の23日が「勤労感謝の日」で、それも☆祝日☆だという事は、とてもよく知っていたのですが・・・。
その起源はといえば、・・・なんと!
飛鳥の頃より、宮中で行われていた行事からなんだとか★

・・・飛鳥っていったら、聖徳太子がどうとやら、といった時代ですよね・・・。 (^_^;)
なんでも当時は、皇極天皇(こうぎょくてんのう)という方が治められていたそうで。
もともとは「陰暦の卯の日」に行われていた行事が、1873(明治6)年新暦が採用!になった事から、「期日を定めよう」という流れで11月23日に、それも祝日となりました。

天皇新穀を天神地祇(本来は、神さまから下々まで、広く・・・という意味)にすすめ、皆で親しくこれを食する祭儀が、「新嘗祭」です。

・・・ところが戦後のGHQの占領政策で、その内容が変えられてしまい、11月23日は「勤労をたっとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう祝日」、それを勤労感謝の日と呼ぶようになりました。
「新嘗祭」と呼ばれる行事は、今では皇室と、全国各地の神社で行うだけの行事だそうです。

さて今回の「五穀豊穣3色おむすび」なんですが。
・・・日本人が古来より口にしてきた五穀ではありますが、何しろ秋っぽいところをイメージしていただき、なるたけカラフルな彩りでとお願いをした処、今回の形となりました。
冬にオススメなのは、何と言っても「黒豆ごはん!」だそう。
・・・とにかく、色の濃い食材というのは、実は栄養素も濃いのだとか。 (゜_゜ )

ちなみに黒豆の色は、抗酸化作用の高いアントシアニンだそう。
漢方でも古来より、腎機能を高めたり、解毒作用があるというので、とにかく重宝をされて来たお方なのだとか☆

・・・またこちらは「まず先に茹でておく!」のですが、こうしておかないと物凄く固くて、ツラいものがあるから・・・なんだそう。
「雑穀セット」なんかにも黒豆はよく入っていて炊くだけなのは、実はもうあちらはすでに炒ってあるから(!)
だから「そのまま炊き込んでも大丈夫!」なんですって、へ~え。

・・・そして1度「黒豆を茹でて冷ます」のも、この冷める間にも、お豆さんがふっくらして、つやつやに仕上がるからなんだそうです。
ぜひぜひ、黒豆さんの食感を楽しんで戴きたいとのお話でした。 (^_^)/

また青豆さんの方なんですが、こちらは「青い大豆」の事です。
・・・ちまみにコレは、白い大豆よりも脂質が少ないのだと、資料にあります。

ではありながら、とにかく黒豆も大豆も青豆も、女性にはとっても嬉しいイソフラボンが豊富です♡
そして、その含まれるサポニには、体脂肪の燃焼を促して下さるそうですから(!)
・・・そこは、とってもとっても見逃せません♡

・・・ただ青豆の方は、煮汁の色があまり美味しそうに見えない・・・のだそうで。 (^▽^;)
なのでこちらでは「黒豆ごはん」とは違って、炊飯の折に煮汁を加えてはいないのだそうです。

豊穣!と言うことで、俵の形に握っていただきました♡ (^_^)/

さて最後のご登場!
「きび」の方はどうかと言いますと・・・こんなに小さい粒々でしかないのに、・・・なんと!!
タンパク質や鉄分、ビタミンB群や食物繊維までもが、バランス良く含まれているんだとか・・・。

・・・他の豆達とは違って、また下拵えもなくてカンタンで、手軽な点が嬉しい処です・・・☆

黒、青、黄の3色使いでもよし。
また、ただ一色を選ぶも良し!
素朴でありながら、身体にもじんわり、しみじみ美味しい・・・おむすびです♡

《日本の五穀って、な~に???》

1.米
イネの種子から、もみ殻を取り去ったモノ。
通常の飯として炊く粳(うるち)と、餅や赤飯などにする糯米(もちごめ)に分かれる。

2.麦
イネ科の植物で、大麦・小麦・燕麦(えんばく)・ライムギなどの総称。
日本で古来より栽培されていたのは大麦・小麦で、古事記の作物起源神話にも登場
・・・コメよりも伝来は早く、古来より備荒作物としても活躍☆

3.粟(あわ
縄文時代から日本人に愛されてきたとされている、イネ科の穀物。
平安の頃には、備荒作物として重宝されていたそうです。

4.豆
マメ科の植物で、大豆や小豆、空豆だとか・・・エンドウ豆などの総称。
また、「まめという言葉」には例えば、「彼女はまめだ」「まめに電話をくれる」「まめに暮らす」・・・などなど、忠実や壮健などの意味として使われているのも楽しい。

5.稗(ひえ)又は黍(きび)

写真は、ヒエ

稗(ひえ)はイネ科の植物で、低温や干ばつにとにかく強いので、救荒作物としても活躍。
長期の保存が可能で、日本ではコメよりも伝来が早かったとされる。

黍(きび)もイネ科の植物で、縄文後期に伝来したとも。
ウルチとモチ系統に分かれ、日本ではモチの方が多く、ウルチ系の方は米と一緒に粉食で。
・・・モチ系は餅、たとえば「吉備(きび)団子」のようにして今も食されている。

関連記事

  1. 霜月の、野菜料理は・・・?

  2. 霜月の、魚料理は・・・?

  3. 長月の、行事食は・・・?

  4. 霜月の、お菓子は・・・?

  5. 文月の、行事食は・・・?

  6. 霜月の、主役は・・・?

  7. 神無月の、行事食は・・・?

  8. 霜月の、脇役は・・・?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。