霜月の、野菜料理は・・・?

ここ一発の愛がある!
ねばれよここで、もひとつ辛抱!
巡り会えるぜ、粘り勝ち取る・・・鮭入り山芋・落とし揚げ!

料理/清水 紀子

11月の野菜料理は、・・・鮭入り山芋の落とし揚げ☆

<材料(2人分)>

鮭入り山芋の落とし揚げ・材料

  • イチョウイモ………120g
  • 塩鮭のほぐし身………15g
  • 焼き海苔………1/2枚
  • 揚げ油………適量

<作り方>

①.揚げ油を火にかける。
イチョウイモは、皮を剥いてすりおろす。

②.①に「鮭のほぐし身(鮭フレークでも良い)」を加えて、混ぜる。

③.焼き海苔を8等分し、②をスプーンですくってのせて、180℃の油でうっすらと色づくまで数分揚げる。
よく油を切り、器に盛る。

鮭入り山芋の落とし揚げ・工程

④.鮭の塩分があるので、そのままでOKですが、好みでしょう油をつけても美味しいです。


「和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

鮭入り山芋の落し揚げ・材料

・・・日が短くなっていくこの時期・・・。
太陽までも根性がなくなり、気温も下がって、人の心もへたりがちな・・・この時期です。
そこで、ここ一発!の根気と粘り(!)を醸し出す・・・。
そんなお料理は、いかがでしょうか。(^▽^;)

・・・そう、粘りといえば、山芋です!
縄文の頃より、この国で食されていると言われているアイテムです。
・・・なんですが、白一色で何だか地味ですよね・・・★ ( ̄_ ̄ i)
という訳で、見た目にもちょっと華やかで、食べて美味しい・・・♡
そんな一品に、仕上げて戴きました「山芋の落し揚げ」です。

・・・えぇ、料理動画でもご紹介をしている、「ノリに乗っちゃうレシピ!」です。
海苔と山芋、そしてサケとの栄養的な相性はいかに・・・???

海のモノ海苔とサケ
・・・これで米と合わせれば、古来より我が国で愛されている「シャケむすび☆」ですっ!
この黄金比率(!)を、嫌う日本人はまずいないと思いますっ!
・・・逆に、あまりにも身近過ぎて、見落としてしまいそうな感じのするアイテムではありますよね。 (‘_’)

この度は「米の代わりに山芋」と来てますが、こちらもデンプンの多い主食的な食材です。
こんな小さな、小粒の・・・この一品で、すでに主食とおかずが合体している・・・☆☆☆
海のモノと、山のモノとが共存している・・・そんな一品です。 (〃∇〃)

昔、「窓際のトットちゃん」という番組で、昼食時に。
・・・何しろこちらは、戦前から始まる日本の(実在する!)お話です・・・っ!
とにかく貧しい時代であったので、お弁当の時間になってもクラスの中では、、それも持って来られない子がいてみたり。
・・・また当時の教養として、お弁を持っては来れても、そのおかずは・・・どうしても偏ってしまいがちだったそう。

なので昼食時になると、学園の給仕のおばさんがそれぞれ、みんなのお弁当を見て回っては、・・・足りないようなら!
「海のモノのお鍋」「山のモノのお鍋」を用意していて、それぞれに・・・おかずを振る舞っていたなる下りがありました。

今更ながらに、「栄養の基本って、この辺りなのかなぁ・・・?」なんて、思います。
「海のモノ」と「山のモノ」
厳密には違う事も多いかもですが、この時代の愛情が感じられる下りです。 (⌒▽⌒)

ちなみに今回は「イチョウイモ」が使われていますが、それはあの「粘り気を買って!!」のご登場なのだとか・・・♡
・・・山の芋は、ジネンジョを筆頭に色々種類もありますが、その水分量や肉質で粘りももちろんに違うそう。

霜月のお膳

例えば、長芋のようなサラサラ感やら、ぽってり粘り(!)
それぞれ、味わいまでも違います。
今回はぜひ、イチョウイモでお試し下さい。
カラフルで可愛く、もちろん揚げたてがオススメです・・・♡

■山野亜紀のHP「ねんきら☆」でも、よろしければお楽しみ下さい☆
※「スズキはめでたし、山芋は?縄文からだよ、日本人」~旬エッセイ・2014

<2017.11.13更新>

関連記事

  1. 長月の、野菜料理は・・・?

  2. 霜月の、魚料理は・・・?

  3. 霜月の一覧

  4. 弥生の、野菜料理は・・・?

  5. 卯月の、野菜料理は・・・?

  6. 師走の、脇役は・・・?

  7. 霜月の、お漬け物は・・・?

  8. 霜月の、お菓子は・・・?

最近の記事

  1. 心美人

    新しい自分になる方法
  2. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー後編ー
  3. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー前編ー
  4. イベント情報

    「青い眼の赤トンボ」

アーカイブページ