霜月の、脇役は・・・?

遠くから来たる大名行列、お前は見たか、お前も見たのか、
将軍様でも食べれば判る、ごっつぅうまいぜ、菜っ葉汁!

料理/清水 紀子

11月の脇役は、・・・菜っ葉汁☆

<材料(2人分)>

菜っ葉汁・材料

  • 小松菜………50g
  • 干しシイタケ………1枚
  • 焼き豆腐………1/4丁
  • (a)だし汁………250ml
  • (a)塩………小さじ0.5
  • (a)しょう油………小さじ0.5

<作り方>

①.干しシイタケは、かぶる位の水を加えて戻し、戻し汁を50ml取っておく。

②.小松菜は、根を落としてざく切りに。
焼き豆腐は、4等分する。

③.小鍋に(a)と干しシイタケの戻し汁、細切りにした干しシイタケを入れて、火にかける。

④.煮立ったら焼き豆腐を加え、再び煮立ったら小松菜を加えて、ひと煮したら火からおろす。

菜っ葉汁・工程

「和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

こちらのコーナーでは、汁物を敢えて「脇役(!)」として、ランダムに毎月ご紹介をしていきますので、どうぞお楽しみに!

霜月のお膳

ホウレンソウより灰汁(アク)が少なくて、しかもビタミン類もカルシウムもたっぷり!
・・・なのに今ひとつ、そこの処が宣伝されていない気が致しますが、清水先生曰く、
「だからこそ小松菜は、下茹でもしないでそのままザクザク切って食べられる、とても有り難い冬が旬の食材なんですよ」との・・・お話です♡

冬が旬の青菜は、この時期に必要な栄養素がびっしり詰まった宝物です♡
そんな・・・小松菜さんは、なんとアブラナ科の一種。
根っこをたどれば「カブが原種!」なんだそうですが、こちらについては「カブの酢漬け」でもご紹介をしておりますですので、そちらをどうぞ☆ (^_^)/

・・・はてさて、小松菜さんは「江戸の初期」に東京都は江戸川区(!)
小松川村で、「将軍・吉宗が、鷹狩りに出掛けた先で献上されたのだ」というウワサのある・・・曰く付きの菜っ葉なんですね★

・・・これって、確かに吉宗は当時、小松川村を訪れている!
そして地元の香取神社で休息を取ったことには、間違いない!
・・・ないのですが、ホントかどうかは今ひとつわからないんだそうです・・・。
ただ「小松川村の隣りにある葛西村で栽培されている青菜は、味が良くて評判だ」なる記述はあるそう。 (‘_’)

当時は、その生産地から「葛西菜」と呼ばれていたそうです。

それが「隣りの小松川村に住んでいる、椀屋久兵衛(わんや・きゅうべえ)という篤農家」が、更に品種改良して栽培(!)
・・・葛西菜より香りも良く、味も良かったので。
「これはもう、別モノだよね」
という訳で、心を新たに「小松菜☆」・・・というブランドになったのだとか★
美味しくなったのはいいけれど、何だか葛西村がかわいそうなのでは・・・。 (T_T)

・・・そうして現在に至る小松菜さんには、高タンパクで低脂肪!
今もこよなく愛されるお豆腐さんがサブに加わり、保存性はもちろん、美味しい出汁使いで、さらに健康効果までも高い干し椎茸さんが、ニクい活躍をして下さっています☆

菜っ葉汁

・・・鉄分はもとよりカルシウム、カロテンたっぷりな小松菜さんを、ザクザクッと切って、美味しいお出汁と組み合わせれば、口福が口いっぱいに広がります・・・。

たまにはちょっと、おすましで☆
しみじみ感じる冬の気配を、舌先でも味わってみませんか?
食べればほっとする・・・ホントにあったかい、おつゆです。 (^_^)/

■山野亜紀のHP「ねんきら☆」でも、よろしければお楽しみ下さい☆
※「流れ流れてサツマイモ、カボチャもそうだね、小松菜どこから、日本人」
~旬エッセイ・2014

<2017.11.20更新>

関連記事

  1. 霜月の、行事食は・・・?

  2. 霜月の、お菓子は・・・?

  3. 神無月の、脇役は・・・?

  4. 長月の、脇役は・・・?

  5. 霜月の、魚料理は・・・?

  6. 弥生の、脇役は・・・?

  7. 文月の、脇役は・・・?

  8. 霜月の一覧

最近の記事

  1. 心美人

    新しい自分になる方法
  2. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー後編ー
  3. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー前編ー
  4. イベント情報

    「青い眼の赤トンボ」

アーカイブページ