師走の、魚料理は・・・?

くつくつ煮える、鍋の音。
ほんわり香るよ、鼻をくすぐる、・・・えぃっ、楽しみじゃぁねぇかっ、
みんな待ってる、ブリ大根。

料理/清水 紀子

11月の魚料理は、・・・ぶり大根☆

<材料(2人分)>

ぶり大根・材料

  • 大根………400g
  • ブリ………2切れ(200g)
  • (a)昆布………5g
  • (a)ショウガ………少々(スライス2枚分)
  • (a)酒………大さじ3
  • (a)しょう油………大さじ3
  • (a)みりん………大さじ1.5
  • (a)砂糖………大さじ1.5
  • (a)水………1と1/3カップ(1カップは200cc)
  • 柚子の皮………適量

<作り方>

①.大根は、3cm厚さの半月切りにし面取りをしたら、たっぷりの米の磨ぎ汁で柔らかくなるまで(20分程度)下茹でする。

ぶり大根・大根の下茹で

②.ブリは1切れを3等分し、(a)を煮立てた鍋に入れて3分ほど煮る。

③.①の大根をさっと水で洗ってぬめりをとり、②に加える。
落し蓋をして、10分程煮る。

④.大根を先に取り出して火を強め、ブリを更に数分煮立て、程よい色合いになったら火からおろす。

⑤.大根とブリを器に盛り、ゆずの皮の千切りと、あれば茹でた青菜を添える。


「和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

こちらのコーナーでは、魚料理をランダムに毎月ご紹介をしていきます。
どうぞ、お楽しみに!

「おめでたい魚」は、関東ではですが。
・・・関西では、ブリ!
共に「年取り魚」としての名を、欲しいままにしておられる、お方です・・・。

「旬食材が、ブリに大根」であるならば、そこに来るお魚のメニューと言えば「ブリ大根☆」でしょう~♪
・・・という事で、あっさりとメニューが決まりかけた処なんですが・・・うーむ★
「ブリ大根って、どこで食べても味付け濃いめで、コッテコテ(!)な感じが今一つ・・・」
何となく、首を縦に振れない・・・私です。 (^^;)
そこでこの度は、 「気軽にチャレンジができて、あっさり美味しいブリ大根を目指しましょお~♡」というのを1つテーマに・・・清水先生にお願いする事となりました。

・・・はてさて、お江戸の頃にまで遡りますと・・・ブリさん。
おめでたい魚であったのは西の方でだけ(!)で、お江戸の魚貝の番付としては「下魚扱い!」だったとか。 (゜_゜ )

・・・お江戸の人達って案外、例えばカツオでも、「脂の乗った戻りカツオ☆」よりも、まだ「サッパリとした味わいの、初カツオ☆を好んだ」ようなので、脂の乗りまくった・・・ブリさんは、ぜんっぜん(!)人気がなかったそうで・・・。 (>_<)

そんな・・・ブリさん、お魚番付で肩を並べているのは、黒鯛さんはともかくとして、ドジョウに生鯖、マグロの類いだったりするものだから、果たして・・・おやおや★★★

でもでもっ、ブリさん!
その脂肪分は何かといえば、「サバをもしのぐぞっ!」と言われておられるお方ですっ!
・・・何しろ、寒い海中を行くお魚の脂肪分っていうのは、動物系のそれよりも、固まりにくいのだ・・・と、資料にあります。

師走の旬食材

・・・なので、血液サラサラ効果のEPAやら、老化やボケ防止に効果のあるDHA!
また、タウリンなんかも豊富に含んでおられるので、動脈硬化や眼精疲労にまでも、効果があるんです!

ちなみに、こちらのタウリンさん
背骨に近い、赤黒い(つまり、血合)部分に、多く含まれているのだそうです。
・・・そこにまたこれが、食物繊維がたっぷりっ!
高血圧にまで、そこのけ(!)な効果のある・・・大根さんとの組み合わせ・・・なんですが★
「美味しく作るコツ」の一つにはまず、「大根の下茹でが肝心!」な・・・処でしょうか。

大根の、下茹で・・・★
ついつい、どーでも良くなりそうな感じの・・・この工程なんですが。 (^_^;)

ぶり大根・大根の下茹で

米の研ぎ汁(又は、米ヌカ少量♡)で20分ほど下茹でをしますが、ここで大根さん、まずは「余分な水分を、その身から放出(!)して下さる」のですが、下茹での成果は、それだけではありませんっ!

・・・大根さんは、このたった20分の工程(!)「その身を柔らかくして下さる☆」ばかりか、ブリさんの旨味はもちろん、ショウガさんの身体を温めるパワーまでも吸い込んで下さっているのです・・・♡
実に、嬉しい限りではありませんか。 (^_^)/

はてさて、ところで「お魚の下拵え☆」というとついつい、「魚の臭み消しにまず、塩を振らなきゃ!」って感じになってしまっていた・・・今までの私です★
ところが今回、ブリさん、お塩は振りません・・・。

ぶり大根

清水先生にお尋ねした処、今回のレシピでは「ショウガとお砂糖だけで十分、臭み消しの効果になっている☆」のだそうです。
・・・煮立てた鍋にブリさんを入れますから・・・。
ブリさん、回りのタンパク質が一瞬で固まってしまうので、ブリさんご自身の旨味も逃げないのだとか。 (‘_’)

そして季節の柚子がまた、ほのかに香ります・・・。
この香り成分も、牛のたたきと長芋の柚子酢漬けでご紹介をしました通り、健康効果に一役買います・・・♡

師走のお膳し

季節のメニューの、ブリ大根。
こんなあっさり、サッパリした感じでは、いかがでしょうか。
ブリに柚子、大根のパワーを感じつつ、さて、この年末を過ごして生きましょうか。(^_^)v

■山野亜紀のHP「ねんきら☆」でも、よろしければお楽しみ下さい☆
※「人参は江戸の時代から? 鰤は下魚、日本人」~旬エッセイ・2014

<2017.12.25更新>

 

関連記事

  1. 「出世する?ブリと大根、日本人」

  2. 文月の、魚料理は・・・?

  3. 師走の、お菓子は・・・?

  4. 睦月の、魚料理は・・・?

  5. 師走の、野菜料理は・・・?

  6. 皐月の、魚料理は・・・?

  7. 長月の、魚料理は・・・?

  8. 霜月の、魚料理は・・・?

最近の記事

  1. 活動エッセイ

    第12話 和心レシピに今までお付き合い戴き、あり…
  2. 心美人

    新しい自分になる方法
  3. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー後編ー
  4. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー前編ー

アーカイブページ