睦月の、行事食は・・・?

破魔、開運!
赤い色もて、打ち勝つ勇気を、
風を変えるぜ、小豆がゆ!

料理/清水 紀子

1月の行事食は、・・・小豆がゆ☆

<材料(2人分)>

小豆がゆ・材料

  • 小豆………大さじ1.5
  • 米………0.5合
  • 塩………小さじ1/3
  • 水………3カップ(1カップは、200cc)
  • 切餅………1個

<作り方>

①.小豆はさっと水洗いしてから鍋に入れ、2カップほどの水(分量外)を加えて、中火にかける。

小豆がゆ工程1・小豆は水から茹でる

②.「沸騰して数分すると、ゆで汁が赤く染まってくる」ので、いったん茹でこぼして「渋切」をする。

小豆がゆ工程2・渋切をする

③.再び小豆を鍋に入れて、2カップほどの水を加えて、中火にかける。

④.沸騰したら火を弱めて、小豆が踊らない程度の火加減で、蓋はせずに30分茹で、茹で上がったら「小豆」と「茹で汁」を分けておく。

⑤.米はさっと洗って(無洗米なら、そのまま)土鍋に入れる。
次いで分量の水、小豆の茹で汁50ml、茹でた小豆、塩を加えて中火にかける。

小豆がゆ工程3・炊く前の様子

⑥.ぶくぶくと泡が出てきたら、すぐに火を弱めて、そのまま30分炊く。

⑦.餅は6等分にして焼き、炊き上がった粥に加えて、蓋をして10分ほど蒸らす。


和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

こちらのコーナーでは、日本の行事に関わる「行事食をテーマ」に、ご紹介をしています。
・・・毎月テーマが違うので、楽しみにしていて下さいね♡

元旦の事を「大正月」というそうですが、それに対して1月15日「小正月」というそうです。 (^_^)/
・・・1月1日はもちろん「年神さまをお迎えする日」とされているのですが、それでは15日はどうなのかと言いますと、「豊作や、家族の無病息災を願う」のが目的の日であり。
・・・ついでに年末年始、何やかやで忙しかった主婦をねぎらう「女正月」でもありますよね♡
日本では、ずっと旧暦(つまり太陽太陰暦)を使ってきましたし、それまでの日本はといえば、現代のように「それぞれの誕生日を祝う」事はありませんでした。

日本国民、全員が一斉に「元日で1つ年を重ねる(!)」のが、習慣でした。
・・・なので元旦を迎えるというのは、日本国民総員での1つの区切り
また皆で新しく、楽しく1年を過ごしていこう・・・という行事であったよう。 (‘_’)

それでは・・・15日はどうなのかと言えば(!)
「左義長(さぎちょう:正月飾りや、書き初めなどを燃やす☆)」が行われる日で、その燃やしている煙に乗せて「元旦にお迎えした年神さまが、お帰りになられる」・・・のだとか。
・・・これって、別名を「どんど焼き」とも言うそうですが、日本人ってしみじみ、お盆もそうなんですが(!)
何かをお迎えして、またお帰り戴く行事ってのが、めっぽうお好きな民族なんだなぁ・・・と感じます。 (^^;)

ちなみにこの日は、もち花を飾るのだとも、資料にあります。

・・・はてさて今月の行事食、小豆がゆについてなんですが・・・日本人はまた、何か(例えば節分であるとかに)つけて。
「ソレまでの悪くて溜まったモノ(運気であるとか★)」を、コンニャク(つまり、砂出しと称して)を食べる事で、身体の中から出し切って(!)
・・・新たに、「無病息災や、邪気を祓うと言われている小豆がゆ」を食する事で、また新しいスタートを切る・・・という事を長らく行って来たのだそうです。 
こういう気持ちの区切りを、そこかしこで付けるというのが・・・ある意味、日本人気質というべきモノなのかも知れませんね。 ( ̄_ ̄ i)

小豆さんは、原産地が判らないとされてはいますが、実は日本起源説もあるそうで!
・・・よくは判りませんが小豆さんは、古来より日本では愛されてきました。

畑作をする中で、「同じ作物を連作をすると、収穫量が減ってしまう作物」があります。
・・・なので、1年経ったら別の作物を植えたりする必要があるのですが★

小豆さんはなので、麦作の後作でやら、次の収穫に向けての中継ぎ用の作物としても活躍をされていたり。
・・・けっこう丈夫で、よく育つ作物なのでしょうか。

小豆がゆ・材料

水田の畦(あぜ)道なんかにも植えられていたり、焼き畑農業の輪作でも、中継ぎに育てられている・・・などなど。
ある意味、とっても取り入れやすい作物でもあったのも、愛される要因であったようです。

さてその・・・古事記にも、その名が出てくるという・・・小豆さんなんですが。
ビタミンB1やカリウム、食物繊維も豊富で、その皮にはサポニンも含まれています。

渋切の様子

また今回の「小豆がゆ」では、小豆さん!
たった1度しかアク抜き(または、渋切り★)をしないので、利尿効果やコレステロール、中性脂肪を減らして下さるという・・・サポニン効果もかな~り、期待が出来ますっ。 (^_^)v

そして・・・含まれるビタミンB1には、糖質代謝を上がて下さる効果があるばかりか、疲労回復はもちろんの事(!)
「二日酔いにまで、役に立つ」といいますから、嬉しい限りではありませんか・・・。

・・・ちなみに小豆さん、お江戸の頃には「かっけの薬」としても使われてきたのだと・・・資料に。
うーむ、「かっけ」は確かに、ビタミンB1が足りないのが原因と現代では究明されているんですが、実はコレって、長~い時代「伝染病と信じられていた」のだとも、また・・・資料にあります。

/なので誰かが発症をしてしまうと、大勢の人間が同じ食事をしている場所なんかでは、大流行(!)してしまうのが、人々の悩みのタネでした。 。゚(T^T)゚。
第二次世界大戦の頃なんかもそうですが、明治の頃の軍隊でも、兵隊さん達がみんな発病をしてしまって、当時は大変だったのだと、資料にあります。

睦月のお膳

無病息災で邪気祓い、ついでにお餅を入れると「望粥(もちがゆ)」と称して、大変に縁起の良いっという「小豆がゆ」、試してみませんか?
1時間程度、時間は掛かりますが、新鮮な気を体内に取り入れて、新しいスタートを切るには良いかと存じます♡ (^_^)/

<お正月から、日本で行われてきた行事と、行事食>

1.お正月(1日)に行われる行事

山野家の関東風雑煮

初日の出、初詣、初夢、若水(わかみずは、元旦に家長が汲む、その日1番のお水)
お年玉家長が、年神さまにお供えしたお餅を家人に配る・・・「年神さまの魂が宿る餅玉(年魂)の意」なので、お金ではなかった。

(行事食)
お雑煮(年魂さまが宿った餅)を食べる、の意味。
お屠蘇・・・薬草を合わせた「屠蘇散」を浸した酒(一度沸騰させて、アルコール分を飛ばす★)を飲んで、「悪鬼を屠り(ほふり・・・つまり打ち負かし★)、死者を蘇らせる」意味となり、邪気払いと不老長寿を願う。
(おまけ)
祝い箸・・・両端が細い箸を使うのは、片方は年神さまが、片方は人が使うとされているからだそう。

2.人日の節句(7日)の行事
人日(じんじつ)とは、
古代中国では「1日が鶏の日、2日が狗(犬)の日」・・・という風習があり、「人の日」というのも存在した。
・・・それが日本に伝わり、暦に取り入れられたのが、五節句である。
五節句とは・・・
人日(1月7日)、上巳(じょうし)(3月3日)、端午(たんご)(5月5日)、七夕(しちせき)(7月7日)、重陽(ちょうよう)(9月9日)」の5種。
(行事食)
七種粥(ななくさがゆ)・・・もとは、7色の野菜ではなく、7種の具材を入れるモノであったそう。

3.鏡開き(8日)
年神さまにお供えした鏡餅を、一家円満と反映を願って、木槌で叩き割って食べる。(お正月の終りを意味する)

(行事食)
お汁粉や、揚げ餅など。
どちらも、固くなったお餅を美味しく食べるためですが、「歯固め」の意味もあります。
・・・固いモノを食べて、歯を丈夫にし、健康で長生きできるよう願います。

4.小正月(15日)

左義長(さぎちょう)
・・・豊作を祈る「もち花」を飾り、年神さまを送る左義長の儀式(別名・どんど焼き)で五穀豊穣と、無病息災を願う。
もち花
・・・柳の枝に、紅白のもちを付けて稲や桜の花に見立てたモノで、養蚕が盛んな土地でなら、「まゆ玉」と呼ばれる事も。

(行事食)は、小豆がゆです。

<2018.1.8更新>

関連記事

  1. 霜月の、行事食は・・・?

  2. 睦月の、調味料は・・・?

  3. 長月の、行事食は・・・?

  4. 第7話 正月明けて、武劇を2本立で!

  5. 卯月の、行事食は・・・?

  6. 師走の、行事食は・・・?

  7. 睦月の、野菜料理は・・・?

  8. 神無月の、行事食は・・・?

最近の記事

  1. 心美人

    新しい自分になる方法
  2. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー後編ー
  3. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー前編ー
  4. イベント情報

    「青い眼の赤トンボ」

アーカイブページ