睦月の、調味料は・・・?

ふわりとのぼる、温かい湯気!
今宵のおかずは、女房自慢の鍋だからな!
・・・みんなの顔をそっとながめる、鍋のお供は、ポン酢しょうゆ。

料理/清水 紀子

1月の調味料は、・・・ポン酢しょうゆ☆

材料(作りやすい分量)>

ポン酢しょうゆ・材料

  • ゆず………2個(果汁約40ml)
  • しょう油………40ml
  • みりん………大さじ1
  • 昆布………3g
  • 鰹節………5g

作り方

①.昆布は、酒を含めた布巾で表面を拭く。
ゆずは、半分に切って果汁を絞る。

ゆずを搾る・1

②.しょう油とみりんを小鍋に入れて火にかけ、ひと煮立ちさせて火を止める。

ゆずを絞る・2・・・すごい種の数ですよね♡

③.②に果汁を加え、昆布と鰹節も加える。

④.30分ほど置いたら漉して、鰹節の水分をしっかり絞る。

⑤.清潔な保存容器に移して、冷蔵庫で保存する。

※2週間ほどで、使い切って下さい♡

「和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

冷蔵庫のポケットに、鎮座まします、たくさんのビン・・・。 ( ̄_ ̄ i)
焼き肉、しゃぶしゃぶ、サラダのタレに、なんでもございの、エトセトラ★
・・・あぁ、気軽な材料を混ぜ合わせ、「冷蔵庫のビン類をいっそ、解消してみたいっっっ!」
そんな皆さまへの、一つの提案が・・・このコーナー☆

「今月の調味料☆」
スーパーの一画に、12月ともなると「鍋コーナー」が出来ていますよね☆
・・・とにかく、あらゆる「鍋に関わる調味料」が集められていて、「冬には、お鍋!と書かれた幟(のぼり)」が立っていたり。

それを見て、こちらも逆に「あぁ、鍋グッズというのは、こんなにも種類があったのか!」
・・・といった具合に、驚いてみたり★・・・といった事はありませんでしたか? (^^;)

特にポン酢なんて、あんまりにも種類がある(!)ので、
「これはが決めてか・・・?それとも、値段で選べば良いモノか・・・???」

私は思わず、売り場の前でしゃがみ込んで悩んでしまい、呻ってしまった事さえもありました★ (^_^;)
・・・何しろポン酢って、使われている柑橘類の種類でさえも、今回の柚子はもちろんのこと(!)
かぼすであったり、スダチであったり。
・・・良いんだけれど、九州人でもないので、そこまで柑橘にコダワリもない私です。 (´_`。)

はてさて、ポン酢さん。
その名の由来を知ったのは、私は「漫画・美味しんぼ」で読んだからなのですが・・・。
なんと、外来語の「ポンス」から来ている言葉なのですね☆

搾る作業★

何でも、蒸留酒柑橘の果汁砂糖と、スパイスを混ぜたカクテル「ポンチ・パンチ」から発祥した言葉なのだとか★
これが段々、・・・どういう訳だか「柑橘の絞り汁」の事を「ポンス」と称するようになっていき、これが「ポン酢」になっていったというから、驚きです。 (^▽^;)

それでは、今回のレシピの正式名称は何かと申せば、正確に言うならば「ポン酢醤油」と呼ばれているモノのようです。
・・・そういえば昔、明石家さんまさんが、
「しあわせ~って、何だっけ、何だっけ、ポン酢醤油のある家さ♫」
なんてCMソングを歌われて、一時期、流行っていましたよねぇ・・・。  (‘_’)

まぁ、スーパーで悩むくらいならいっそ、自宅で無添加で作ってしまえっ!という形でのご提案が、今回のポン酢さんなのでございました☆

・・・そして食べ方のご提案なのですが。
お鍋だと、余りにも在り来たり過ぎるので今回は、白身魚の代表とも言える・・・おめでたい鯛のお刺身に併せての、ニクい心遣いです♡
・・・これ、けして「こちらが今月の旬食材だから」なのではなくって、ホントに白身魚に合うので、どうぞお試し下さいませ♡という・・・ご提案なのです。 (^_^)/

サラダはもちろん、冬の定番(!)の鍋物にも。
スーパーでは悩まずに、まずはこの逸品をお試し下さい☆

調合の方はもちろん、お好きな柑橘でも試してみれば、きっとお好みの味が見えてくるかと思います♡
・・・そして、このポン酢。
ホントに美味しいのですが、そこは無添加なので★
ぜひぜひ、2週間をメドに、使いきって下さいませね。 m(_ _ )m

関連記事

  1. 睦月の、主役は・・・?

  2. 睦月の、魚料理は・・・?

  3. 葉月の、調味料は・・・?

  4. 弥生の、調味料は・・・?

  5. 文月の、調味料は・・・?

  6. 如月の、調味料は・・・?

  7. 長月の、調味料は・・・?

  8. 師走の、調味料は・・・?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)