睦月の、魚料理は・・・?

揚げたてを、がっつけや!
雪見酒の、お供にいつもだ、今日も嬉しい、
山野家の定番、スルメの唐揚げ!

料理/清水 紀子

1月の魚料理は、・・・山野家のスルメの唐揚げ☆

材料(2人分)>

山野家のスルメの唐揚げ・材料

  • スルメ………1枚
  • 酒………80~100ml
  • 小麦粉………大さじ3~4
  • 揚げ油………適量

作り方

①.スルメは酒に浸して、3日間ほど置いて柔らかくする。

スルメの唐揚げ工程1・スルメを酒でもどす

②.柔らかくなったら食べやすく切り分け、酒ごとボウルに入れる。

するめの唐揚げ工程2・するめを切る①

③.②に小麦粉を加えて混ぜ合わせ、180度に熱した油でこんがりと揚げる。
好みで、スダチなどを添えてどうぞ。

スルメの唐揚げ工程2・スルメを切る②

「和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

こちらのコーナーでは、魚料理をランダムに毎月ご紹介をしていきます。
どうぞ、お楽しみに!

年の始めの、初春の~♬…という訳で(?)
心機一転、お江戸の当時の暮らしを再現してみたい、という話で、打ち合わせで盛り上がっている・・・私と清水先生です♡
・・・かの頃なら、生鮮食品も少なかった(!)でしょうし、冬には乾物が多く食べられていたのではないか・・・という話になりまして。
では、はてさて一体、どんなレシピにしたものだろう・・・という下りとなりました。

今回の撮影の打ち合わせをしていたのが、また年末の事でもあったので。
・・・そこは、人様をもてなすメニューでもあれかし・・・なんて話題が、あっちにこっちにと、跳ね回ります★

そこで、安くて簡単なメニューとして挙げられたのが、
「山野家でいうなら、スルメの唐揚げですね」
という・・・★
今回のレシピの提案は、私の何気な~い一言から始まったのでありました★ (‘_’)

「え?スルメですか? 乾物のスルメを、揚げちゃうの?」
・・・と、驚く清水先生なのですが★

実はこのメニューは、私の母が若かりし頃、当時は出版社に勤めておりまして。
昭和20年代当時の事ですが(実は、同じ会社に父も勤めておりました!)、毎年恒例の大掃除後の楽しい、忘年会メニューであったのです・・・☆

スルメの唐揚げ工程1・スルメを酒でもどす

私の両親は、今はもう経営者も変ってしまって(2018年現在★)いますが、一時期、同じ出版社に勤めていた事がありました。
・・・まぁ、結婚したのはその、ずーーーっと後だったんですが。 (^^;)

「忙しい年末の事だったので」
営業や編集部ではなく、経理の仕事をしていた母たちが、ぱっぱと拵える宴会メニューのスルメの唐揚げ。

・・・今では乾物も、どちらかというと高価な食材(!)となってしまいましたが、母が若かった当時は、そんなモノはぐっと安かったのでしょうし。 (゜_゜ )

支度とはいっても、宴会の数日前にスルメをお酒(好みで、みりんも入れていたと思います★)に漬けてさえあれば、後はキッチンバサミかなんかでパチパチ切って、揚げてしまえば即、出来上がりという・・・非常にカンタンなメニューです。

揚げたては美味しいですし、量も作れるので、宴会メニューとしては良かったのでしょうね。 (〃∇〃)

・・・はてさてところで、日本では平安の当時から作られていたというスルメ☆さんです。
とにかくまず、持ち歩いても軽いですし!
長持ちはしますし!
調理法としても、水で戻して出汁を取ったり、煮物にしたりと、応用が利きますし。
・・・それより何より、手軽な処が良かったのでしょう。 (^_^)/

私の明治産まれの祖母なんかは、祖父が不意の来客を連れてきた時にはよく、
「とりあえずスルメを焼いておけば、暫くは(お客さまのお腹も)持つから」と。
・・・その間に、酒の肴を拵えては客人をもてなしたものだ・・・と、よく語っていました。

・・・ところでスルメの材料と言えば、何といってもイカさんですよね♡
そして、その栄養成分はといえば、健康効果のあるタウリンです。 (^_^)v

タウリンさんには、疲労回復やら生活習慣病にはもちろんの事、肝機能までに正常に戻して下さる効果があるので、・・・まことに今の時節には、ありがたい食材なんですよね♡

・・・またイカの皮には「お肌の生成に必要な、コラーゲン☆」が、たっぷりと含まれていますし。
なんといっても、良く噛んで食べますから(!)
・・・満福中枢をチクチクと刺激して下さるので、ダイエットにも効果があるのだとか。 (゜_゜ )
・・・ただスルメは硬い食べ物ですから、食べすぎにだけは、要注意です!

硬いんだけれど、でも美味しい♡
揚げたてはもちろんの事、冷めてもイケてしまうという、スルメの唐揚げ。
・・・大人数をもてなす折には、ぱっと出来て嬉しいメニューです。
ぜひぜひ、お試しくださいませ。 (^_^)/

関連記事

  1. 第7話 正月明けて、武劇を2本立で!

  2. 「好かれている証拠だね? 春菊と鯛、今こそこの時期、日本人」

  3. 長月の、魚料理は・・・?

  4. 如月の、魚料理は・・・?

  5. 睦月の、脇役は・・・?

  6. 霜月の、魚料理は・・・?

  7. 神無月の、魚料理は・・・?

  8. 師走の、魚料理は・・・?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)