如月の、お漬け物は・・・?

素朴だけれど、華がある♡
お江戸の漬け物、考えたもんだな、
これで一杯、ニンジンが入ったきらず漬け!

料理/清水 紀子

2月のお漬け物は、ニンジンのきらず漬け・・・☆

ニンジンのきらず漬け・材料

材料(作りやすい分量)>

  • おから………150g
  • (a)砂糖………大さじ4
  • (a)酢………大さじ3
  • (a)塩………10g
  • 鷹の爪………1本
  • ニンジン………1/2本

作り方>

①.おからは、フライパンで乾煎りする。

ニンジンのきらず漬け・工程・・・おからを煎る様子

②.全体がポロポロになってきたら、火からおろして(a)と、種を除いた鷹の爪を加えて混ぜて、全体に馴染ませる。

③.冷めたら保存容器に移して、皮ごと縦2~4等分にしたニンジンを埋め込み、漬ける。

※2~3日後が食べごろです。
※おからも一緒に食べられます。
※おからは3~4サイクル、2週間ほど持ちます。

「和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

こちらのコーナーでは、日本の伝統の味!
お漬け物を、連載していきます。
毎月、違ったモノが紹介されますので、お楽しみに!

節分に続いて、第2弾!
おからを愛せよ、愛せよ、おから・・・と言うわけで、おからを使った「きらず漬け」のご紹介です。
・・・お江戸の頃の料理書を見てみると、「きらず汁」に「きらず鮓(すし)」なんて文字も見られますよね♡

「おから」とは、そもそもは「絞りカス」という意味なんだそう★
・・・ところが何しろ、験(げん)担ぎが大好きなニッポン!

「空(から)」という言葉を使ってしまうと、客商売をしているにしろ、何にしろ、とにかく縁起が悪いというのを考えます!

だからといって、「おからは、大豆から豆乳を絞った後の絞りカス★」ですから、そこには豆の栄養はまだ幾分かは残っているし、食物繊維もたっぷり☆
ただ日持ちが難しいのが、たまにキズ・・・という食材です。 (>_<)

さて、「おから」と呼ばずにどうしたのかといえば、白いウツギの花(写真左参照☆)に似ているから・・・「卯の花」と呼んでみたり。
お豆腐とは違って、逆に包丁で切らなくても済むから「きらず」と呼んでみたり、・・・そこはまた見目麗しく☆
「雪花菜」なんて文字を当ててみたりして☆
・・・なんとなく、皆々さまの創意工夫の次第が見られる処が何とも、面白い具合になります。 (‘_’)

ところで「おからの栄養成分」はといえば、手許の資料によれば、カルシウムやビタミンB群、鉄分も多いですし、まだ豆の脂質だって残っています。
・・・これがまた、キチンと発酵をするのですね♡

私は「きらず漬け」って初めて食べたんですが、殺菌のためにお酢を入れてはいるものの、また発酵も進んでいくので。
・・・日を重ねるごとに、若干・・・酸っぱくなっていきます。
味としては「ほの甘い、糠臭くない糠漬け」といった処でしょうか。

ちなみに、このおからもちゃんと食べられるんです(!)
・・・何だか、不思議なお漬け物なんですが、手軽で色がキレイに仕上がるのが、特徴のようです。
地方によっては、収穫されたタケノコを漬けたり、お魚をつけたり。
種類も、色々とあるんですねぇ・・・へ~え。 (゜_゜ )

如月のお膳♡

ところで、「お江戸の頃の手軽なおかず」といえば、何といっても漬け物でした!
・・・将軍吉宗の頃に出版されたなる「漬物早指南」という本には何と、64種類もの漬け物が紹介(!)されていたのだそうです。
また、余った漬け物の美味しい食べ方の工夫についても、この頃にどんどんと発展をしていきました♡

・・・今回は見た目もキレイな、挑戦しやすいニンジンのきらず漬けです。
ぜひぜひ一度、お試し下さい。 (^_^)/

関連記事

  1. 如月の、お菓子は・・・?

  2. 如月の、魚料理は・・・?

  3. 如月の、行事食は・・・?

  4. 弥生の、お漬け物は・・・?

  5. 如月の、調味料は・・・?

  6. 卯月の、お漬け物は・・・?

  7. 如月の、主役は・・・?

  8. 神無月の、お漬け物は・・・?