如月の、行事食は・・・?

福はうち!
気合いを入れて、運気を高めて、
今日はうれしい、大豆のかき揚げ!

料理/清水 紀子

2月の行事食は、・・・大豆のかき揚げ☆

材料(2人分)>

大豆のかき揚げ・材料

  • ゆで大豆………100グラム
  • 干しシイタケ………2枚
  • 塩昆布………7グラム
  • 片栗粉………大さじ2
  • 小麦粉………大さじ2
  • 揚げ油………適量
  • 塩………適量
  • 春菊………適量

作り方>

①.干しシイタケは、水で戻しておく。

②.シイタケを、1cm角程度に切る。

③.ボウルに茹で大豆、シイタケ、塩昆布を入れて、小麦粉、片栗粉を加えて全体を和え、水(分量外)を加えて纏めていく。

大豆のかき揚げ・工程・・・粉を入れて混ぜている様子

④.鍋の油を熱し、③を適量ずつ取って、170度の油に入れて揚げていく。
表面がカチカチになるまで数分揚げたら、鍋から引き上げて油を切る。

⑤.お好みで、塩をふってどうぞ。


和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

こちらのコーナーでは、日本の行事に関わる「行事食をテーマ」に、ご紹介をしています。
・・・毎月テーマが違うので、楽しみにしていて下さいね♡

今年の節分は私、気合いを入れました・・・。 ( ̄ー ̄;
・・・というのは、この「和心HP更新」のために、まずは行事食の勉強をしてから。
しかも、撮影にまで臨んだ後で、行事を迎える訳ですから(!)
・・・となると、そこで得た知識を、ムズムズと活用したくなってしまうんですよね♡

体内にある邪気を祓うために、今回はコンニャクも食べてみましたし。
そして、節分の豆は撒くわ、年の数だけ豆は食べるわ★
・・・そして買い置きがなかったので、ヒイラギの枝とメザシだけを買いに、スーパーにまで、ひた走りましたっ! (^_^)/

・・・ちなみに西の方の習慣だった、その年の「恵方」を向いて、願いを込めて、無言で太巻きを丸かじりするっ!
そんな「恵方巻」が今では、関東でも人気がありますよね。

七福神にちなんで、「恵方巻の具は、7種類入れると縁起が良い♡」んだそうですが、そっちの方は、私の心をくすぐりはしませんでした・・・。
やっぱり、子供の頃に両親から教わった習わしのままに、「焼い嗅がし(やいかがし)」で、今年は貫き通しましたっ!
・・・この名前も実は、今回で初めて(!)知ったような気が致します・・・。 (^_^;)
「焼いたイワシの頭を、ヒイラギに刺して玄関口に捧げ」ます。
・・・ヒイラギの葉の鋭いトゲ(鬼も、痛いらしい★)と、鬼が嫌う臭いで、家に鬼を招かないという「おまじない」なんですよね♡

ちなみに何故に豆を撒くのかといえば、疫病や災害などをもたらす悪い鬼を祓う「追儺(ついな)の儀式」が中国から伝わって、奈良時代にはまずは宮中で始まり。
・・・室町に入ると、ついに庶民にも伝わって、さかんに行われるようになったんでそうです。 (‘_’)

昔は「穀物(今回は、豆★)には、邪気を祓う力がある!」とされていました。
・・・たしかに、元気の出るモノを食べれば、病気に負けないような心持ちになれますよね。

そして日本人が好きな特有の験(げん)担ぎが合体して「魔物の目(魔目)を射る事が出来る」から・・・だとか。
はたまた、「豆は、魔滅(まめ)に繋がる」からだとか、とにかく色んな意味合いを込めて、豆を撒いていたみたいです。

また「年とり豆」といって、年の数だけ食べるというのも、無病息災を祈るのはもちろん、節分のこの時期に必要なパワーを体内に取り入れるためなのだとか。

には食物繊維がたっぷりと含まれていますから、体内の毒素を押し出してくれる効果があります。
・・・こんな風にして、ありとあらゆる手立てを使って、新しい季節に向けて邪気祓いという名目で身体を整えるのが、古来から伝わる日本の習わしだと聞きました♡

ところで日本でも、「節分の豆まき」には、様々な説と方法があり、逆に「鬼を招き入れて、外に送り出す」という地域もあるんだそうです。
・・・面白いですよね。

タンパク質一杯の大豆に、ミネラルたっぷり、食物繊維一杯の昆布に旨味のシイタケを加えて、お正月に使い切れなかった乾物を一掃してみませんか?
体内の邪気も祓えて、胃腸もスッキリ!
2月3日で土用も明けますから、次の季節に向けて身体を備えてみましょう!
大豆のかき揚げは、そんなこの時節にぴったりの、嬉しいメニューです。 o(^▽^)o

<節分の行事>

1.福茶・・・レシピ頁参照。

2.恵方巻・・・節分の夜に、その年の縁起の良い方向(恵方)を向いて、無言で太巻きを1本丸かじりして食べると、その年は無病息災でいられる。
・・・食べている間に話してしまうと、福が逃げてしまうからで、恵方巻は「七福神にちなんで、7種類の具を入れる」と縁起が良い。

3.けんちん汁・・・関東では、節分によくコレを食べるとか。
根菜が一杯入っているので、体内の邪気を出すのには良く、別の地域では煮染め(鬼を絞める)や、おにぎり(鬼を斬る)を食べる地域もあるそう。

4.節分そば・・・「旧暦では、節分が1年の始まりと数える」ので、昔はこの日は、大晦日のようなものだったのだそうです。
・・・長いモノといえば「ヘビ」を連想しますが、日本ではヘビはおめでたい生き物で、「脱皮を繰り返す事」から、「人も脱皮して、新しい自分に生まれ変わる」と考えて、とにかく長いモノ(蕎麦やうどんなど)を食べているよう☆

5.コンニャク・・・「身体の砂出し」と呼ばれて、節目毎に食べては、悪い運気を体内から出して、キレイになると考えられて、食べていました・・・面白いですよね♡

関連記事

  1. 如月の、主役は・・・?

  2. 文月の、行事食は・・・?

  3. 文月の、魚料理は・・・?

  4. 如月の、お漬け物は・・・?

  5. 如月の一覧

  6. 霜月の、野菜料理は・・・?

  7. 如月の、野菜料理は・・・?

  8. 睦月の、行事食は・・・?