如月の、調味料は・・・?

拳の中には、愛がある!
風邪よけ、冷えよけ、ご覧じろ!
寒~い夜長を照らしてくれるわ、ねぎダレ作って、今夜も一杯☆

料理/清水 紀子

2月の調味料は、・・・ねぎだれ☆

材料(作りやすい分量)>

ねぎだれ・材

    • 長ネギ………50g
    • ゴマ油………大さじ3
    • 塩………小さじ0.75
    • しょう油………小さじ2

作り方

①.ネギは、粗いみじん切りにして、清潔な保存瓶などに入れる。

ねぎだれ・調理工程・・・こんな瓶に入れてでどうぞ♡

②.①に調味料すべてを加えて、混ぜ合わせる。

※すぐに食べられます。
※2週間を目安に、使い切って下さい♡

「和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

冷蔵庫のポケットに、鎮座まします、たくさんのビン・・・。 ( ̄_ ̄ i)
焼き肉、しゃぶしゃぶ、サラダのタレに、なんでもございの、エトセトラ★
・・・あぁ、気軽な材料を混ぜ合わせ、「冷蔵庫のビン類をいっそ、解消してみたいっっっ!」
そんな皆さまへの、一つの提案が・・・このコーナー☆

「今月の調味料☆」
・・・今月の調味料は、風邪やインフルエンザが増えるこの時期っ!!
古来より身体を温めて、体調を整える食材としても高名な・・・誉れ高いネギさんを、ふんだんに使った「ネギだれ」でございます~っ☆ \(^_^)/

はてさて、手許の資料によりますと、風邪予防にはもちろん!
血栓予防にだって、ネギさんは活躍をされている・・・なんて、書かれております☆

ちなみにネギさんは、上の青い部分が実は緑黄色野菜(!)で、下の白い部分が淡色野菜なお方です。 (゜_゜ )
そして、あのネギ特有の香りはといえば、アリシンという成分になります。
・・・それには、殺菌作用はもちろんの事、抗菌作用までもあるので、ネギさんのあの香りを嗅いでいるだけでも、「のどの痛みや咳を沈めて、たんを切る作用」があるんです☆ (〃∇〃)

・・・またネギさん、胃腸に入ればビタミンB1の吸収を促しても下さいますので、疲労回復にも効果があります。
食べれば、身体までも温めて下さいますので・・・ネギさんは、冷えにだって効果がありますし、消化も促進(!)何しろ良いことずくめです♡

またネギさんの香り成分には、鎮静効果もあるんです。
・・・ですから中国では、ショウガと並んでネギさんは、生薬としても活躍をされているそうなんですね☆

・・・ただ、アリシン(つまり、香り成分)のパワーだけを期待するなら、ネギさん、生食をするのがオススメなんだとか。 (‘_’)
でもでも、生のネギって、からい。。。
そこをどうするか、というのを解決したのが今回の「ネギだれ」なんです。

このようなタレ使いをしてしまえば、ゴマ油で味はまろやかになりますし、2週間程度ほどは、日持ちもします。
・・・何よりネギって、一束で買って来てしまうと、私のように独り暮らしだと、どうしても数本を持て余してしまうんですよねぇ・・・。 (^▽^;)
でもでもっ!
こうしてタレにしてしまえば、今回のようにお刺身はもちろん(!)
・・・考えてみれば、韓国でいうチョレギだれに近いようにも思えますので、お肉にだってもちろん、あいます!

今回は、マグロのお刺身に添えてのご紹介ですが、マグロをねぎダレで漬けにしてもイケル!と思います。
・・・余った小ネギを、チョイチョイと刻んで、試してみませんか?
無添加で、自分好みの味のうれしい「ねぎダレ」、ぜひぜひお試し下さい。 (^_^)/

■山野亜紀のHP「ねんきら☆」でも、よろしければお楽しみ下さい☆
※「あぁ、お江戸。大根に長ネギ、そして牡蠣に日本人」~旬エッセイ・2013

関連記事

  1. 如月の、お菓子は・・・?

  2. 如月の、脇役は・・・?

  3. 如月の、主役は・・・?

  4. 神無月の、調味料は・・・?

  5. 文月の、調味料は・・・?

  6. 霜月の、調味料は・・・?

  7. 弥生の、調味料は・・・?

  8. 葉月の、調味料は・・・?