如月の、野菜料理は・・・?

見ていろそこで、今に見ろ!
複雑かつ、繊細な土鍋使いで、恐れ入ったか
挑戦する楽しみ、今日の相手は、セリが入った卵のふわふわ!

料理/清水 紀子

2月の野菜料理は、・・・セリの卵ふわふわ

材料(2人分)>

セリの卵ふわふわ・材料卵………3個

  • 卵………3個
  • セリ………30g
  • だし汁………150ml
  • (a)砂糖………大さじ1
  • (a)しょう油………小さじ1強

作り方>

①.卵は溶きほぐし、セリはざく切りにしておく。

②.土鍋に、だし汁と(a)を入れて火にかける。

セリの卵ふわふわ・工程1

③.煮立ったらセリを加えて、再び煮立ったら卵を回し入れる。

セリの卵ふわふわ・工程2

④.蓋をして、一呼吸おいたら火を消して、30秒程蒸らしてから、蓋を開けて器によそう。


「和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

日本では、ニワトリが飼育されていたという記録は、幾多もありますが★
鶏肉や、鶏卵を使ったお料理和食に出没するのは、江戸時代に入ってからなんだそうです。
・・・なんだか、意外な感じがしますよね。 ( ̄_ ̄ i)

それではニワトリさん、日本人にとっては一体、どんな存在だったのでしょうか。

・・・何と、宮廷では鶏肉は禁鳥の扱いに(!)
何しろ、そういえば「ニワトリは、時を告げる鳥さんだったんですよね★
なので、それは・・・「侍にとっても、勝鬨(かちどき)に繋がります」から!

ニワトリさんは、他の鳥さん達とは違って、「時を知るためだけの家禽(かきん)」、または「闘鶏用のペット」といった立場であられたんです・・・。 (^_^;)

それが室町に入って、日本にはポルトガル人達がやって来るようになります。
・・・卵を使ったカステラやら、ボーロなんてお菓子も持ち込まれたので卵は、まずは上流階級に、幾ばくかが広がっていきますが・・・。
ニワトリさんが、ようやくに庶民にまで解禁になったのは、・・・平和なお江戸の時代に入ってからの事なんだとか★

そんな時代に考案された、この・・・「卵ふわふわ」は、当時はまだ「薬とされていた砂糖に加えて、解禁されたばかりの卵料理☆」であったので、人々の憧れの食べ物だった事でしょう。

さて、この「卵ふわふわ」は、お江戸の料理書のそちこちで紹介されているんだそうですが★
公式な記録では・・・となりますと、江戸幕府が二条城において後水尾(ごみずの)天皇を饗応した時の献立」に、この名前が見られるのだそうです。

セリの卵ふわふわ☆

今回の撮影では、これって「お江戸の当時の再現料理」でもあるので、清水先生も色々に試してみて下さったんだそうですが、
「この卵ふわふわって、土鍋だからこそ出来るお料理なんですよね」
・・・との、お話でした。

一度煮立つと、鍋の温度が下がりにくくて、いつまでもフツフツと煮立っているからこそ、卵がふわふわっ・・・と仕上がるのだとか。 (‘_’)

栄養的に言っても、何と言っても「鳥1匹がまず産まれてっ、育つエネルギーが一杯詰まっている!・・・卵さん」です。

タンパク質はもちろん、脳細胞を活性化して下さるというコリンや、抗酸化作用のある必須アミノ酸までも含まれていて、また代謝を高める効果までも。

・・・ちなみに、お江戸の当時では、吉原遊びをする折にも男達が、「力をつけよう!!」という事で、茹で卵屋から買い求めて食しては、勇んで中遊びに出掛けた・・・という話なんかも残されております・・・★

さて、庶民に解禁になった卵さんは、その後は「卵百珍」なる料理の専門書まで出版されるほどに、超(!)のつく人気者になりました・・・。
ちなみに当時の卵さんのお値段って、1個で600~800円もした(!)んだそうですが★

「宵越しの金は持たねぇという話で、有名な江戸っ子☆」さん達にとっては、そんな金額だったにも関わらず(!)

セリの卵ふわふわ・材料

例えば「滋養を付けるための病人食」としてはもちろんの事、はたまた、そうではなくっても!
・・・食べれば力がつくし、手軽だしで、とーーっても愛されていたアイテムだったようです♡

土鍋使いで、この・・・ふわふわっとしたメニューに挑戦をしてみませんか?
うまく膨らんだら、そく食べ!
成功して、嬉しいメニューです☆ (^_^)/

関連記事

  1. 如月の、調味料は・・・?

  2. 如月の、お菓子は・・・?

  3. 長月の、野菜料理は・・・?

  4. 如月の、お漬け物は・・・?

  5. 如月の、魚料理は・・・?

  6. 如月の一覧

  7. 睦月の、野菜料理は・・・?

  8. 霜月の、野菜料理は・・・?