如月の、お菓子は・・・?

こいつの名前を、知ってるかい・・・?
鎌倉の御世から、いまに伝わる、
恐れ入ったか、まさかの、すはま!

料理/清水 紀子

2月のお菓子は、・・・すはま☆

<材料(茶色・12個分)>

すはま・材料

  • <茶色>12個分
  • きな粉………20g
  • 砂糖………20g
  • 白玉粉………小さじ2
  • 水………小さじ1.5
  • グラニュー糖………適量
  • <緑色>12個分
  • ウグイスきな粉………20g
  • 砂糖………20g
  • 白玉粉………小さじ2
  • 水………小さじ1.5

<作り方>

①.白玉粉に水を加えて混ぜ合わせ、ひとまとまりになったら2等分にして、平たくする。

②.①を、熱湯で3分ほど茹でる。

③.きな粉と砂糖をボウルに入れて混ぜあわせ、茹であがった白玉をおとし全体に、きな粉をまぶす。

すはま・核になる部分に、まぶしていく

④.白玉を細かくちぎりながら、きな粉と混ぜ合わせる。

すはま・混ぜ合わせる様子

⑤.④を小さめの一口大に丸め、表面にグラニュー糖をまぶす。

すはま・まぶす様子をアップで

「和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

こちらのコーナーでは、デザートをランダムに毎月ご紹介をしていきます。
どうぞ、お楽しみに♡

「州浜(すはま)」って、ご存知ですか?
・・・なんでも、「おめでたい時に飾られる台」の事なんだとか。(右イラスト・参照)
その台の上に当時は、何しろご祝儀の席なので、岩木や花鳥なんかを飾っていたんだそうです。  (゜_゜ )

ところが(!)平安時代の頃までは・・・その風情を楽しんでいたんだそうですが★
・・・面倒になってしまったのか、上に乗せていた飾りの方は一切無くしてしまい★
残った「州浜と呼ばれている台」の上に、・・・お目出度い席ですから、酒杯やら、肴なんかを並べて・・・酒宴をするようになったんだそうです。

・・・いやぁ、風流ですねぇ・・・。  (^▽^;)
もともとは、お正月の祝儀に使われていたんだそうですが、今では結婚式にのみ、その姿を留めているのだとか★

・・・で、その台の形である「州浜」が今度は、家紋にも使われるようになりました。

違(ちがい)州浜であるとか、割((わり)州浜に、州浜木瓜(もっこう)、花(はな)州浜・・・などなど。
色々に、種類も増えてるみたいですね。

・・・で、鎌倉時代の終わり頃になってからだと思われるんですが。
京都の松寿軒というお店で、水飴や大豆粉、白砂糖なんかで、この州浜の形に似せて作ったのが、このお茶菓子であった・・・という事です。

お茶の席で、家紋のお菓子を戴くなんて、・・・何となく鎌倉っぽい感じがしますよね。 (‘_’)
竹を3本も使って、この形に仕上げるのだそうです♡

さて当初は、きな粉を使い、水飴で練って固めていく・・・州浜作りだったのですが★
関東ではもともと、上新粉に砂糖を加えて、蒸して搗いて作ったなる・・・素甘(すあま)というお菓子があったんだそうで(!)
・・・こちらの方も「元は、州浜の形に作られていた」んだそうですが、今ではその名前の由来も何処かに吹き飛んでしまい★
・・・様々に形取られて作られるようになりまして、色もカラフルになりました♡

今回は白玉粉を核にして、何となく纏めていくという・・・作り方なんですが★
「これでホントに、果たして出来るモノか・・・」
という私の問いに・・・清水先生、目の前で再現して下さいました♡

・・・さらっさらのきな粉に、今回は白玉粉の核が、何となく、何となくまとわりついていって、丸くなっていきます・・・。
そうして、とうとう、とうとう出来上がった時には・・・私はしみじみ、感動の溜息を漏らしていました・・・。 (´_`。)

こうして調べてみると、鎌倉時代に考えられたという・・・このお菓子って、なんて素朴なんでしょうか。
ぜひぜひ一度、作ってみて下さい。
鎌倉の茶席の再現に、一役買ってくれるレシピかと思われます♡ (^_^)/

<2018.2.26更新>

関連記事

  1. 如月の、調味料は・・・?

  2. 如月の、魚料理は・・・?

  3. 睦月の、お菓子は・・・?

  4. 師走の、お菓子は・・・?

  5. 第8話 私が殺陣師になれた(?)ワケ★

  6. 如月の、主役は・・・?

  7. 如月の、お漬け物は・・・?

  8. 弥生の、お菓子は・・・?

最近の記事

  1. 活動エッセイ

    第12話 和心レシピに今までお付き合い戴き、あり…
  2. 心美人

    新しい自分になる方法
  3. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー後編ー
  4. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー前編ー

アーカイブページ