弥生の、行事食は・・・?

春の日に、漁師町でも、ひなまつり☆
とれとれの魚で、何を選ぼう、
今日のごちそう、海鮮ちらし♡

料理/清水 紀子

3月の行事食は、・・・海鮮ちらし☆

<材料(2人分)>

海鮮ちらし・材料

  • 米………2合
  • 昆布(5cm)………1枚
  • (a)酢………50ml
  • (a)砂糖………大さじ1.5
  • (a)塩………小さじ0.5強
  • 青シソ………5枚
  • 白いりゴマ………小さじ1
  • マグロ………60g
  • 鯛………60g
  • サヨリ………一尾分
  • 卵………2個
  • [b]砂糖………小さじ1
  • [b]塩………ひとつまみ
  • レンコン………5cm
  • 《c》酢………大さじ2
  • 《c》砂糖………小さじ2
  • 《c》塩………ひとつまみ
  • 《c》水………大さじ2
  • 昆布………適量
  • 木の芽………適量

<作り方>

①.マグロは食べやすく切って、しょう油を適量を回しかけて漬けに。
鯛とサヨリは、昆布で挟んで昆布絞めにする。

海鮮ちらし・魚の下拵えのようす

②.レンコンは、薄切りにしてさっと茹でて、《c》に漬け込み「酢蓮」にする。

③.米は研いで、400mの水に昆布を加えて、30分以上浸水してから普通に炊く。

④.炊き上がったらすぐに飯台などに移し、(a)を回し入れたら、しゃもじで返しながら馴染ませる。

⑤.酢飯が人肌に冷めたら、千切りにした青シソとゴマを加えて混ぜ、濡れ布巾をかけておく。

⑥.卵は溶いて[b]を加え混ぜたら、錦糸卵にする。

⑦.⑤の酢飯に、マグロや食べやすく切った鯛、サヨリ、錦糸卵、酢蓮、木の芽をバランスよく散らす。


和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

こちらのコーナーでは、日本の行事に関わる「行事食をテーマ」に、ご紹介をしています。
・・・毎月テーマが違うので、楽しみにしていて下さいね♡

3月3日は、雛祭という呼び方か「桃の節句」というのが一般的なんですが・・・。
本来なら、「上巳(じょうし)の節句」というのが、正式名称なようです。 (‘_’)
・・・この三つの呼び方なんですが、本来では中国でもやら、日本でもそれぞれに、全然別々の意味を持っていたハズが、今では合体っ!
日本では、1つの祭りとして行われているというのだそうで・・・★
ホント、日本って、何でもかんでもごた混ぜにしてしまう処が、良いような、悪いような感じもしますよね。 (^▽^;)

さて上巳についてなんですが、これは「上旬にある巳(ヘビ)の日」という意味になります。
ヘビが冬眠から覚めて、大地で脱皮を始めるという・・・春先の季節なんですが★
・・・この頃は春雨も多くて、体調を崩しやすい時節でもあります。

ちなみに「この時期に中国では、水辺で禊ぎをする風習があった」そうで、その行いがまた「人も、ヘビの如くに古い殻を脱ぎ捨てて、新しいエネルギーを取り込む☆」というモノであったよう☆

・・・はたまた、この時期には「邪気を祓う行事」として、宮中で行われていたのが「曲水の宴(うたげ)」・・・。
これは現代日本でも、神社などで、年中行事として行われていますよね♡
うねうねっとした川の流れは、さながらにヘビの様子にも似ていて、この水の流れに器を浮かべて、盃を乗せては、上流から流します・・・。
そして、自分の前を器が通り過ぎるまでに詩歌を詠む・・・という、えらく風流な行事なのでありました。

同じ「流す」という行為でも、これが庶民の場合でなら人形やら、紙を切り取って作った人型で、自分の身体を撫でては、息を吹きかけ。
・・・自らの穢れを人形に移して川に流しますが、これは今でも「流し雛」として、続けられている地域もありますよね。 (゜_゜ )

この紙人形がもとで、当時は貴族の幼女の遊び道具だったモノが今では、雛人形になっていったのだそうで、そこには後に桃のパワーも含まれて行きました♡

・・・ちなみに中国では、「桃は、不老不死の仙人の果実」とされていますし、桃の種には実は、身体を温める効果があると言われているらしいんです。
日本では「古事記」を見ても、桃に関する記述もありますから、今ではすっかり「魔を祓うパワーのある桃」は、上巳の節句には欠かせないアイテムとなりました♡

はてさて、雛祭りといえば・・・ちらし寿司
・・・とはいえ、あんまり在り来たりなモノでは面白くないと、私と清水先生で2人、頭を悩ませまして・・・。

それならと、「お江戸の春を思わせる魚を、酢飯にのせてみましょう」という流れになりました。
何しろ・・・お江戸の当時は、マグロは漬けで楽しまれていましたし、さっぱりとした鯛やら、サヨリなどの白身の魚たちは、江戸人の好物で、とても愛されておりました。

海鮮ちらし♡

・・・何処に行くにも歩いて行くしかない、ガテンな時代・人達であったのに、魚の好みだけは何故だか、さっぱりとしたモノを、ひたすらに愛していたようです・・・。

お江戸の春から呼び起こした、こんな・・・海鮮ちらしで、雛の節句を楽しんでみてはいかがですか?
錦糸卵をふわりと散らせば、豪華で華やかな彩りになります☆
春のおもむき一杯のちらし寿司で、ぜひ食卓を囲んで下さい。
心躍る、春の食膳です。 (^_^)/

「つるし雛」に、挑戦してみませんか・・・?

7段飾りの雛人形も良いのですが、スペース的にもうちょっと・・・★
1間のアパートながら、雛のシーズンをちょっとだけでも、醸し出したい・・・。
そんな方には、お江戸の頃に始められたという、リーズナブルな「つるしびな」を試してはみませんか?
五人囃子も、三人官女がいなくても、ぽっちりと雛の節句が楽しめます♡ (^_^)v

1.唐辛子・・・虫が付きにくいため、悪い虫(男)がつかないようにという意味で下げるそうですが・・・うーん、深いですね。

2.巾着・・・おサイフの代わりに巾着を飾る事で、お金に不自由しないように!
・・・うーん、正しいですね(笑)

3.這い子人形・・・「はいはいする子は、よく育つ」ので、健やかな成長を願って。
・・・たしかに、赤子はハイハイで運動能力を高めると聞きました。 (‘_’)

4.桃・・・邪気を祓う桃は、長寿を願う現れでもあります。

5.三角・・・ついこの間まで、散薬はビニールではなくて、紙に包んで処方されていました。
その場合は、薬を入れて三角形に包むので、薬に縁のないよう、無病息災を願って飾るモノのようです。

6.犬・・・お産が軽く、子だくさんな犬は、安産祈願。
子宝祈願の願いに繋がります。

<2018.3.5更新>

関連記事

  1. 文月の、行事食は・・・?

  2. 「春サワラ!ハマグリ、アサリ、ワカメもあるよ、日本人」

  3. 卯月の、行事食は・・・?

  4. 弥生の、脇役は・・・?

  5. 弥生の、野菜料理は・・・?

  6. 弥生の、お漬け物は・・・?

  7. 霜月の、行事食は・・・?

  8. 弥生の、魚料理は・・・?

最近の記事

  1. 活動エッセイ

    第12話 和心レシピに今までお付き合い戴き、あり…
  2. 心美人

    新しい自分になる方法
  3. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー後編ー
  4. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー前編ー

アーカイブページ