弥生の、お菓子は・・・?

ひなまつりの時だけ、食べられる♡
春の紅に、雪の白色、
お米で作る、準備万端、うれしい楽しい、ひなあられ。

料理/清水 紀子

3月のお菓子は、・・・ひなあられ☆

<材料(作りやすい分量)>

ひなあられ・材料

  • ごはん………茶碗軽く2杯分
  • 砂糖………80g
  • 水………大さじ1
  • 食紅………少々
  • 揚げ油………適量

<作り方>

①.ごはんは、ザルにあけて流水で洗って、ぬめりをとる。

②.①の水気をよく切り、乾いたザルに広げて、3日ほどかけて干飯にする。

ひなあられ・干飯を作るようす

③.180度の油に②をひとつかみずつ入れて、浮き上がってきたら一呼吸置いて、素早く網ですくいあげる。

ひなあられ・干飯を揚げるようす

④.小ぶりのフライパンなどに、半量の砂糖と水を入れて中火にかけ、時々混ぜながら煮詰める。

⑤.④を箸に付けて、糸を引くようになったら火から下ろし、③のあられの半分を入れて、素早く混ぜながら蜜を絡める。

⑥.蜜でくっつき合っていたものが、パラパラになったら出来上がり。

⑦.残りの半量は、蜜を作る段階で少量の食紅を水で溶いて加え、同じようにしてピンクのあられにする。


「和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

こちらでは、デザートをランダムに毎月ご紹介をしていきます。
どうぞ、お楽しみに♡

3月といえば、やっぱり浮かんでくるのは、雛祭り・・・。
それは・・・卒業式だとか、転勤の季節であるとか、まぁ色々と行事は浮かんではくるのですが、やっぱり!
・・・スーパーが盛り上がるせいか、この行事だけは外せないような気がするのは・・・やっぱり。
世の購買意欲に、踊らされているだけなのでしょうか・・・??? (^▽^;)

はてさて。
雛祭りといえば、お白酒に、ひなあられに菱餅、なんてのが定番ですよね・・・。

ちなみに私は、白酒の方はあんまり飲んだことがなく、いまでも濁り酒というのは、ちょっと私は苦手なんですね・・・★
白酒の製造工程を見てみますと、もち米に米麹、焼酎で作るモノなんだそうで、おひな様が夢枕に立って、作り方を伝授したなる言い伝えもあるのだそうです。 (゜_゜ )

・・・また菱餅の方ですが、これは桃色や白、緑の色を重ねて作るお餅を菱形に整えたモノなんですが、はもちろん・・・桃の花の色を表します。
そして白は残雪緑の色は「若草の色」を表しているのだとか。

雪の下に新芽が芽吹いて、桃の花が咲いている情景を表しているのだとも言いますが♡
かつての着色料には、また薬効もあるのだと言います。  (‘_’)

緑の色には、浄血効果のある・・・ヨモギを。
白色は、煎じれば解毒や健胃効果のある菱(ひし)の実が。
そして桃色の方は、乾燥から身を守るというクチナシが使われていたんだうです。
・・・ちなみに「菱形という形」なんですが、三角形を2つ並べた形でもありますよね。
この形には、なんと(!)魔除けの意味もあるんですって、へ~え★

・・・そういえば、市販のひなあられにも、色々な色が使われていますよね。
言われてみれば、(そんな意味もあってか・・・?)緑や黄色、白いアラレもありました。

さて、清水先生と「ひなあられ」に挑戦する事になり、私の方は、「ホントに・・・ひなあられって、自分で作れるのかな~」と・・・考えていたのですが★
実にシンプルなもので、それが「いかにも古来より作られていた感」が満載の製造工程であったので、私は逆にびっくりしてしまいました。 (;^_^A

・・・元来、干飯(ほしい)というのは非常食でもあり、戦場食でもありました。
今でこそ「豊かな日本の食生活」なのですが、それまでの数々の生き残る場には、干飯がいつも人の傍にありました・・・。 (´_`。)
そして市販のモノよりは、この「ひなあられ」は、しっかりとした食べ応えに仕上がっております・・・♡

昔は、お米を使ったお菓子って、ご家庭でもよく作られていたと聞きます。
余りごはんで、ちょっと作ってみませんか?
えーーっ? こんな風に作っていたの?って、きっと、ご共感戴けるかと思います。 (^_^)/

<2018.2.26更新>

関連記事

  1. 皐月の、お菓子は・・・?

  2. 師走の、お菓子は・・・?

  3. 弥生の、野菜料理は・・・?

  4. 文月の、お菓子は・・・?

  5. 第9話 とにもかくにも、一区切り☆

  6. 弥生の、主役は・・・?

  7. 如月の、お菓子は・・・?

  8. 長月の、お菓子は・・・?

最近の記事

  1. 活動エッセイ

    第12話 和心レシピに今までお付き合い戴き、あり…
  2. 心美人

    新しい自分になる方法
  3. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー後編ー
  4. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー前編ー

アーカイブページ