皐月の、主役は・・・?

こんな日にふさわしい、なんてキレイな青い空!
茶摘み歌に合せて、みんなで収穫、なんとまぁ香りがいいやね!
青い空に緑の茶畑、今日のごはんは新茶めしと新茶の佃煮♡

料理原案/清水 紀子 調理盛付/山野亜紀

5月の主役は、・・・新茶めしと、新茶の佃煮☆

<材料(2人分)>

新茶飯と新茶の佃煮・材料

  • 米………1.8合
  • 押し麦………大さじ2
  • 新茶………大さじ3
  • 塩………ひとつまみ
  • <佃煮用>
  • 昆布(20センチ角)………1枚(分量外)
  • しょう油………大さじ1
  • 酒………大さじ2
  • みりん………大さじ1

<作り方>

①.米は、研いで麦と併せてザルにあげておく。
昆布は、水(大さじ2ほど・分量外)に浸しておく。

②.茶葉に茎が含まれているようであれば、ここで取り除いておき、水680mlほどで、お茶をゆっくりと5分ほど出し、お茶と茶葉とに分けておく。

③.②で仕上がったお茶を、合わせて430mlにして①に入れ、30分以上浸水した後で塩を入れ、鍋をひとゆすりして調味料を混ぜて普通に炊く。

新茶飯・飯を炊く前の様子

④.炊飯が終わったら、②で分けておいた茶葉を半量ほど飯の上にのせて、15~20分ほど蒸らす。
蒸らし終ったら、さっくりと全体を返しながら混ぜる。

新茶飯・炊き上がった飯の上に茶葉を乗せる様子

⑤.<佃煮>浸してあった昆布水と調味料を入れて火にかけ、昆布は千切りにして加え、残った茶葉を加えて、水分がなくなるまで煮詰めて佃煮にする。


和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

お米の国、ニッポン!・・・ではありますが。
こちらのコーナーでは、主食を敢えて「主役(!)」として、ランダムに毎月ご紹介をしていきますので、どうぞお楽しみに!

夏も近づく八十八夜~♫
・・・立春から数えて、88日目のこの日に摘んだお茶は(一番茶)は、上等とされているそうです♡
なので、この日にお茶を飲むと長生きをする・・・なんて説もあるそうですが★

・・・ところで皆さま、最近は急須でお茶を入れて飲んでいたりしますか?
ついつい、ペットボトルでばかり、愛してはいませんか?
というよりも、もしかしてお茶っ葉を買う習慣そのものを、まだ皆さまは持たれているものでしょうか・・・???

私の母が亡くなった年の出来事で、こんな話があります。

母が娘のように可愛がっていたお嬢さんがおりまして、その方がお焼香に来て下さったので、私はもてなすために急須でお茶を入れてあげたのですが・・・その折に、彼女は何と(!)
「急須でお茶を入れて飲むなんて、新鮮だーーーっ」
と、叫んだんです・・・。
アメリカはボストンに留学経験があるとはいえ、当時の彼女の年齢も、アラサーよりは、アラフォーに近い、そんな・・・彼女がです★

それが・・・当時は、私も驚いている方だったのに★
今では独り暮らしも長らく続けば、日本茶よりはコーヒーばかりを飲むことも多く・・・★
・・・そしてお茶はといえば、ペットボトルのカテキンダイエット茶ばかりを愛用する日々で、なんとなく反省する事しきりなんです・・・★ (-_-;)

たまに、無性~にお茶漬け☆が食べたくなった時の為に、一応は・・・茶葉は買ってはありますが、それがまた買って来たっきりで、冷凍庫でずーーーっとお休みになってばかりなんです・・・★
・・・お茶関係で一番愛しているのは、抹茶ソフトクリームばかりでは、果たして私も、和心を愛する者と言えるのでしょうか・・・??? (>_<)

・・・という事もありまして、ここで日本茶について、調べてみましたっ!
広辞苑によりますと、茶樹にも幾つか種類があるようで、日本原産の茶樹までもあるようです!

・・・さてここは一つ、長らく日本人に愛されて来た・・・お茶に敬意を表しまして、いっそ茶葉を手軽に食べられるようなメニューはないものかと今回私は、清水先生にご相談をしてみました♡
大昔(たぶん、まだ私が未成年の頃★)になりますが、静岡で・・・茶葉を有効活用する研究をされている場があると、テレビのニュースで見た記憶からのお願いでした。

さて日本茶となりますと、まず一番にあげられる栄養素はと言えば、お茶の渋み成分であるカテキンさんでしょうか。
・・・この方は、身体を錆びつかせるような事はなさいませんし、抗菌作用もありますから、あのインフルエンザにも立ち向かって下さるのです・・・っ。
またそればかりでなく、口臭予防にも・・・効果があるとか♡

また、お茶の苦味成分カフェインなんですが、それには身体は覚醒して下さるパワーがありますし、さらには利尿効果も。
そして旨味成分テアニンには、リラックス作用もあるそうです。
・・・その他には、β―カロテンにビタミンC、Eの抗酸化作用トリオも揃っていて下さって・・・茶葉さん!
ホントに人さまの健康を支えて下さる成分を、たくさん含んでおられるお方なんですねぇ、へ~え。 (‘_’)

さて、今回撮影で使用した新茶・・・なんですが★
・・・ホントに、水気をたっぶり吸って膨らむタイプだったらしく(?)
こんなにお水の量(680ml)で水出しをしたのに、仕上がってみたら、炊飯するのに丁度良いくらい+αくらいのお茶の量しか出来なかったので、私はホントにびっくりしましたっ。

今回は、「皐月のお膳カットのイメージ」「茶摘み後の直来」だったので、農家をイメージし。
・・・なので白米に麦を混ぜてありますが、もし押し麦がなければもちろん、白米だけでも大丈夫です♡

・・・そして今回、せっかくなので、ゴハンに混ぜる以外の残りの茶葉をも、なんとか有効に活用できたら・・・と思い、おまけクッキングで佃煮にしてみました♡
こちらはこちらで、ちょいとホロ苦くて、箸休めくらいにはなりましたでしょうか。

・・・古くは、おもてなしに使われ始めたのを皮切りに、徐々に徐々に、下々にも愛されるようになった・・・日本茶の歴史を今ここで、少し紐解いてみませんか?

少しで良いので、せっかくだから今の時期のこの新茶の・・・「一番茶の茶葉」を手に入れてみませんか?
急須が家になければ、まずは茶こしででも何でもまず1杯(!)
楽しんではみませんか?

・・・そんな時には、こんなレシピもぜひ、お試し気分で楽しんでみて下さい。
蓋を取れば、ほわんと清々しい新茶の香りがキッチンいっぱいに漂います♫
五月の青い空に、似合いの一品です♡

<2018.5.21更新>

関連記事

  1. 如月の、主役は・・・?

  2. 葉月の、主役は・・・?

  3. 皐月の、調味料は・・・?

  4. 弥生の、主役は・・・?

  5. 皐月の、脇役は・・・?

  6. 睦月の、主役は・・・?

  7. 長月の、主役は・・・?

  8. 皐月の、野菜料理は・・・?

最近の記事

  1. 活動エッセイ

    第12話 和心レシピに今までお付き合い戴き、あり…
  2. 心美人

    新しい自分になる方法
  3. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー後編ー
  4. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー前編ー

アーカイブページ