水無月の、お漬け物は・・・?

じとじと、じめじめ、梅雨の時期、
身体に染みるは、風だか、雨だか、
酸味が身体を潤す成分、今日のおかずは、タコで作った酢漬けの一品。

料理原案/清水 紀子 調理盛付/山野亜紀

6月のお漬け物は、・・・タコの酢漬け☆

<材料(2人分)>

タコの酢漬け・材料

  • 茹でタコ………200g
  • ショウガ………1片(1片は、親指の1関節分程度)
  • (a)酢………50ml
  • (a)だし汁………小さじ2
  • (a)みりん………小さじ1
  • 食紅………適量

<作り方>

①.食紅を少量取り、お湯で溶かしておく。
タコは一口大に切り、ショウガは千切りにする。

②.タコとショウガを清潔な保存容器に入れ、(a)を加えて、食紅を溶かしたものを、様子を見ながら好みの色目ほどに加える。

蛸の酢漬け・最後に食紅を入れている様子

③.そのまま冷蔵保存する。

※数時間後から食べられますが、1週間を目安に食べきって下さい♡

「和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

こちらのコーナーでは、日本の伝統の味!
お漬け物を、連載していきます。
毎月、違ったモノが紹介されますので、お楽しみに!

・・・関東では、お正月の定番の・・・酢だこです。
山野家では、亡き母がわりに好きだったので、お正月にはこちらを欠かした事がありませんでした。
・・・なんですが(!)
年末のせいもあるでしょうけれど、とにかく「酢ダコ1パックの量」が、何しろ多くて!!
ちょっと困る事も多くあったんです・・・★
何しろ、三が日を兄妹だけで過ごしていますから、食べきれなくって飽きてしまうんですね★

ところが・・・このお漬け物シリーズ、今月の清水先生のご提案は、何と「タコの酢漬け」だったのですね♡

「今月のお膳カットの色合い」が、あまりにも地味であった事もありますが★
このレシピを、お正月料理にも活かせるようにと今回、食紅を使ってはいるんですが、もちろんなくてもOKです!
・・・ただ食紅って、一度にそれほど使うモノではありませんし、使用法を見ますと「お湯でないと溶けにくい」とあります★
そして、出来上がりが・・・あんまり真っ赤(!)になってしまうのも毒々しいと思いましたので、今回は人でも失敗しないように(!)
色目を見ながら、好みの色合いに染められるようにと、考えてみました♡

さて、タコといえばスーパーでは、日本産の北海タコと、モーリタニア産のタコと2種類ありますよね。 (゜_゜ )

撮影では、モーリタニア産を使用しました♡

お江戸風な料理では、ありますが・・・タコさん。
どちらのご出身の方でも、そう変わりなく仕上がります♡
・・・若干、北海タコさんの方が、柔らかく仕上がるかな・・・?というくらいで、ホントにそれほど大差はありませんので(!)
北海タコさんの方が少々、お高いようですが・・・お好みのタコさんを、お選び下さればと思います♡

・・・さて、その問題のタコさんなんですが★

私も長らく、足が8本ある生き物のように思って来たのですが、動物学的に言えば、こちらは腕(!)に当たるんだそうで・・・。
・・・そして、私たちがフツーに「頭と呼んでいる部分」は、実は胴体に当たるんだとか。
なのでタコさん、胴体(頭?)に内臓やエラが入っていて、本当の頭にあたる部分は腕の付け根の部分になるのだそうです。
・・・そして、そこには口があり、脳や目もあるのですが、その柔軟な身体の殆どは、実は筋肉(!)なんだそうです・・・。

ちなみに日本でのタコの旬は、繁殖期に当たる晩春から初秋にかけてなんだとか★

そしてタコさん、その足の先っぽ「砂ずり」と呼ばれておりまして、一応は食べられる部位なんだそうですが。
・・・子を持つ時期には、その部分に「毒を持つ事もある」とかで、今ではあまり食べられていないのだそう。

そんな・・・タコさんなんですが。
その栄養素成分で、まずトップに出て来るのはタウリンです。
タウリンは、魚貝には多い成分だそうで、高血圧からくる血管障害を防いで下さいますし、肝機能も上昇!

・・・そして肝臓が強くなれば、解毒効果も高まりますから、健康増進に効果があります☆
またタウリンには、視神経の機能改善にも効果があるそうですし、タコさんには味覚障害を防ぐ亜鉛も多くて、血行促進にも効果もあります。
・・・そこへ加えて、やっぱり血行を促進して下さるショウガさんのパワーが加味されますから・・・何とも嬉しい一品ではありませんか。(^_^)v

そして米酢に黒酢、穀物酢・・・などなど☆
最近は、お酢にもたくさんの種類がありますが、どうぞお好みのお酢でお試し下さい。

レシピでは、フツーに米酢でご紹介をしておりますが、ちょっと酸味が強いので・・・みりんと、だし汁をそこを緩和させてあります。
漬け込むジップロックですが、大き目のモノを使っております(!)
・・・これなら天地をひっくり返すのもラクチンですし、袋の口さえ上にしておけば、おつゆが冷蔵庫の中にこぼれる事もありません(!)

お酢の血液サラサラ効果もあり、殺菌効果も加わるお手軽な一品(!)
ジメジメ、シトシト、何とはなし・・・薄ら寒く感じる、うっとうしいこの梅雨の時期に、このレシピで身体を労り、共に乗り越えて参りましょう♡ (^_^)/

山野亜紀のHP「ねんきら☆」でも、よろしければお楽しみ下さい☆
※「江戸人と蛸・さくら好きだね、日本人」~旬エッセイ・2014

<2018.6.4更新>

関連記事

  1. 文月の、お漬け物は・・・?

  2. 第12話 和心レシピに今までお付き合い戴き、ありがとうございましたっ!…

  3. 水無月の、野菜料理は・・・?

  4. 水無月の、魚料理は・・・?

  5. 水無月の、調味料は・・・?

  6. 霜月の、お漬け物は・・・?

  7. 水無月の、行事食は・・・?

  8. 水無月の、お菓子は・・・?

最近の記事

  1. 活動エッセイ

    第12話 和心レシピに今までお付き合い戴き、あり…
  2. 心美人

    新しい自分になる方法
  3. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー後編ー
  4. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー前編ー

アーカイブページ