水無月の、野菜料理は・・・?

遠く中国から、やって来た!
隠元和尚の隠し球、緑のサヤに、緑の豆だわ、
梅雨空に咲く・・・熱い風だわ、今日のおかずは、インゲンのそぼろあん!

料理原案/清水 紀子 調理盛付/山野亜紀

6月の野菜料理は、・・・インゲンのそぼろあん☆

<材料(2人分)>

インゲンのそぼろあん・材料

  • インゲン………160g
  • 鶏ひき肉………80g
  • 昆布(10cm角)………1枚
  • 水………150ml
  • (a)酒………大さじ1
  • (a)みりん………大さじ1
  • (a)薄口しょう油………大さじ1
  • ショウガ………5g
  • 赤唐辛子………適量
  • 片栗粉………適量

作り方>

①.昆布を水に入れて、30分ほど置く。
ショウガは、摺り下ろしておく。

②.インゲンは筋を除いて、小鍋に湯を沸かして塩(分量外)を加えて、やや固めに茹でておく。

インゲンのそぼろあん・そぼろを作る様子・1

③.小鍋に鶏ひき肉を入れ、それからコンロに火を点け、火加減に注意しながら、そぼろ状に仕上げ、(a)と①で出来た昆布水を加えて煮立て、赤唐辛子、擦りショウガを加える。

インゲンのそぼろあん・そぼろを作る様子・2

④.③に茶こしに片栗粉をふり入れて、好みの固さになるまで入れて仕上げる。

インゲンのそぼろあん・そぼろが出来てから、調味料を入れる様子

⑤.器ににインゲンを盛り、④で出来たあんをかける。


「和心文化メッセンジャー」・・・山野亜紀からの一言♡

今回お出まし願うのは、夏野菜のインゲンさんです・・・☆
若いうちなら・・・インゲンさん、莢ごと食べられるんですが、このお方は1年のうちに3度も収獲が出来る(!)ので、関東では「三度豆」と呼ぶ地域もあるそうです。

・・・さてちなみに、その名前の由来はと言いますと、時は1654年(!)

江戸は四代将軍・家綱の時代に、日本国からのお願いに応えて下さった・・・中国は福建省の禅僧!
日本黄檗(おうばく)宗の開祖である、隠元さんというお坊さんが日本にやって来た折に、何故だかお持ちになられた・・・という食材であるのだとか★

ところで、この方は結局、日本に帰化をされたのだそうで、京都は宇治市に・・・1661年に萬福寺なるお寺さんを建立(!)
・・・こちらは臨済宗のお寺さんだそうで、曹洞宗に次ぐ禅宗のお寺なんだそうですが、今では・・・こちらの2つの宗派は、ずいぶんと日本風に姿形を変えてしまったよう。
ただこの萬福寺さんだけは、当時建てられたモノなので、明朝風の様式を保たれているの・・・だとか★

そういえば、一昔前のインゲンの筋って、ものすごく固かったハズなのに★
最近では品種改良も進んで、モノによっては、ほとんど取らなくても良いくらいの筋になっているのだそうです。 (‘_’)

・・・形は同じに見えるのに、野菜も色々と変化しているのだなぁ・・・と感じます★
ちなみに呼び名も色々とありまして、ドジョウインゲンやらサーベルいんげん、平鞘隠元(ヒラサヤインゲン)、モロッコインゲン・・・などなど。

また一口にインゲンさんと申しましても、種類も幾つかありますし、今や色違いまでもあるそうで、インゲンさんの親戚は・・・かなりな賑わいを見せているようです。

・・・さてサヤインゲンさんは、いんげん豆の「若莢姿」での名称です。

こちらにはβカロテンやビタミンC、食物繊維・・・などなど、様々な栄養素がバランスよく含まれているんだそうです。
・・・また、むくみを取って下さるミネラルであるカリウムや、貧血予防効果のある鉄分も含まれているので、インゲンさんは低カロリーな食材でありながら、健康効果の高い夏野菜なのです♡

さて今回は・・・そんなインゲンさんに、そぼろあんをかける事にしてみました!

最後に、片栗粉でとろみをつける参考資料です♡

インゲンさんは、素材の味を活かして・・・そのままの塩茹でに。
そして、そぼろあんの方は・・・何しろ梅雨時の時折ひやっとする寒い時節でもありますから、唐辛子とショウガでちょっと、パンチを効かせてみました♡

さて挽肉なんですが、鍋を熱くしてから投入すると・・・あっという間に焼き焦げ付いてしまう可能性が(私のような粗忽者には★)ありますので(!)
今回は、冷たい鍋にまず挽肉を入れておいてから、ガスの火を点ける方式を採用しました!
・・・挽肉の油分がありますから、サラダ油も何も敷かなくても十分そぼろあんが出来ますが、とにかく火加減には注意をして下さいね♡

・・・ところでそういえば、「そぼろ」という言葉は一体、どこから来たモノなのでしょうか。

事典によりますと、「物の乱れて、からまった様、こんがらかった様」とあります。
・・・その他、みすぼらしい様、雨がしとしとと降る様・・・などなど。
けして、目立つほどに動きはなくても、何となく絡まった様、寄り添う様、それが「そぼろ」の言葉の語源のようです。
旬のインゲンと合わせた・・・そぼろあん、ぜひお楽しみ下さい♡ (^_^)/

山野亜紀のHP「ねんきら☆」でも、よろしければお楽しみ下さい☆
※「シシとブタは、何違う? インゲン和尚だ、日本人★」~旬エッセイ・2015

<2018.6.11更新>

関連記事

  1. 弥生の、野菜料理は・・・?

  2. 水無月の、脇役は・・・?

  3. 文月の、野菜料理は・・・?

  4. 「ショウガないけど、アユがある!梅干命だ、日本人」

  5. 皐月の、野菜料理は・・・?

  6. 水無月の、行事食は・・・?

  7. 水無月の、お漬け物は・・・?

  8. 師走の、野菜料理は・・・?

最近の記事

  1. 活動エッセイ

    第12話 和心レシピに今までお付き合い戴き、あり…
  2. 心美人

    新しい自分になる方法
  3. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー後編ー
  4. 歌舞伎の楽しみ方

    歌舞伎のすすめー前編ー

アーカイブページ